衝撃のメニュー! パイにされた“ピーターラビットのお父さん”を食べる?

「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」公式サイト
2013年10月4日(金) 23時00分 提供元: RBB TODAY
「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」公式サイト
「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」公式サイト
「ピーターのおとうさん?(うさぎ肉のパイ包み)」も記載されたカフェメニュー
「ピーターのおとうさん?(うさぎ肉のパイ包み)」も記載されたカフェメニュー

 現在開催中の企画展「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」のカフェで、“ピーターラビットのお父さん”が食べられると話題になっている。

 今月1日~14日の期間、東京・銀座のソニービルで開催中の同展。オフィシャルカフェではイギリスの伝統料理やピーターラビットの物語にちなんだメニューが楽しめるのだが、その中に「ピーターのおとうさん?」という名前のメニューも用意されている。

 実は、ピーターラビットの父親は、人間に捕まってパイにされてしまったという設定。「ピーターのおとうさん?」は、そのものズバリうさぎ肉のパイ包みだそうで、「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」公式サイトでも「『ピーターのおとうさん』のくだりをモチーフにした」とはっきり説明されている。

 同展でピーターラビットの可憐なイラストを堪能した後に、果たして“お父さん”を食べる気になれるのかどうか……。なお、以前にはピーターラビット公式サイトで“お父さん”だけがうさぎではなくパイのイラストで紹介されているとネット上で話題になった。

 「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」は、1日~14日の期間中、銀座・ソニービルにて開催。入場無料。

《花@RBB TODAY》

関連記事