睡眠不足は“生活全般への不満”につながる?…睡眠と生活に関する意識調査

“睡眠に不満を感じている“東京在住者は、日中の暮らしに関しても不満を感じている割合が高い
2013年10月21日(月) 17時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣SNS「マイルール」はじめました!
“睡眠に不満を感じている“東京在住者は、日中の暮らしに関しても不満を感じている割合が高い
“睡眠に不満を感じている“東京在住者は、日中の暮らしに関しても不満を感じている割合が高い
普段一日あたりの睡眠時間はおよそ何時間ですか?
普段一日あたりの睡眠時間はおよそ何時間ですか?
現在、ご自分の睡眠のとり方に満足していますか?
現在、ご自分の睡眠のとり方に満足していますか?
昨年1年間で、睡眠不足が原因で以下のトラブルは発生しましたか?
昨年1年間で、睡眠不足が原因で以下のトラブルは発生しましたか?

 イケア・ジャパンは、ロンドン、ストックホルム、ニューヨーク、パリ、東京の5都市において、20歳以上の男女1,040名に対し、「睡眠と生活に関する意識調査」をインターネットで実施し、その結果を発表した。

 同調査で、『ふだん一日あたりの睡眠時間はおよそ何時間ですか?』と、平均の睡眠時間を尋ねたところ、もっとも睡眠時間が長かったのはパリの「8.9時間」だった。一方、東京は「7.3時間」で、5都市の中でいちばん睡眠時間が短く、パリと比較すると1.6時間の差があった。

 続いて、『ご自分の睡眠のとり方に満足していますか?』という質問を行ったところ、「やや不満である」、「全く不満である」と回答した人がもっとも多かったのは東京で、47.2%の人が不満を感じていることがわかった。また、5都市の中で、睡眠のとり方の満足度がトップだったのはロンドンだった。

 そこで、『昨年1年間で、睡眠不足が原因で以下のトラブルは発生しましたか?』という質問を行ったところ、東京では以下のようなランキングになった。

 ■睡眠不足が原因となって発生したトラブル(東京編)
 第1位:不注意で物を壊す、紛失、事故を起こした
 第2位:仕事の効率が下がったり、ミスをしてリカバリーに時間がかかった
 第3位:出勤すべき日に仕事を休んだ
 第4位:出勤すべき日に遅刻・早退した

 このほか、『自分の生活(健康面、家族とのコミュニケーション、友人とのコミュニケーション、趣味や娯楽、経済的な余裕、配偶者・パートナーとの関係、生活全般を総合的にみて)について、不満を感じますか?』という問いで、もっとも不満度が高かった都市は東京だった。特に不満度が高かったのは「経済的な余裕」(68.8%)で、その次は「健康面」(44.7%)だった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事