【ディズニーへ行こう】vol.4 絶対おさえたい!2013クリスマス <ベスト5>

ディズニーランド「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」
2013年11月18日(月) 18時00分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
ディズニーランド「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」
ディズニーランド「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」
今年初登場のクリスマス版ウッディ
今年初登場のクリスマス版ウッディ
クリスマス版バズ・ライトイヤー
クリスマス版バズ・ライトイヤー
人気のリトル・グリーン・メンもクリスマス・バージョンで登場
人気のリトル・グリーン・メンもクリスマス・バージョンで登場
ディズニーシーではみんな持ってるダッフィもクリスマス・バージョンが登場
ディズニーシーではみんな持ってるダッフィもクリスマス・バージョンが登場
クリスマスらしい赤い衣裳を着たミッキー・マウス
クリスマスらしい赤い衣裳を着たミッキー・マウス
「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」最後に登場するサンタクロース
「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」最後に登場するサンタクロース
「ハイピリオン・ラウンジ」の「“クリスマスホリデー”パンケーキセット」
「ハイピリオン・ラウンジ」の「“クリスマスホリデー”パンケーキセット」
数量限定のオリジナルシルバーウェアレスト
数量限定のオリジナルシルバーウェアレスト
ミッキーと仲間たちを乗せた船
ミッキーと仲間たちを乗せた船
ディズニーシー「カラー・オブ・クリスマス」
ディズニーシー「カラー・オブ・クリスマス」
夜のメディテレーニアンハーバーに浮かび上がる巨大クリスマスツリー
夜のメディテレーニアンハーバーに浮かび上がる巨大クリスマスツリー
ダッフィーの登場はディズニーシーならではのお楽しみ
ダッフィーの登場はディズニーシーならではのお楽しみ
光まばゆい「スノークリスタル・イルミネーション」
光まばゆい「スノークリスタル・イルミネーション」
クリスマスに彩られたパークではキャラクターたちも一層華やか
クリスマスに彩られたパークではキャラクターたちも一層華やか

 ディズニー、一年でもっともロマンチックな時期がやって来た。主役は若いカップルということは百も承知だけれど、申し訳ない、アラフォーのオッサンだって全力で楽しみたい! というわけで、「東京ディズニーリゾートのクリスマス」取材を14時間ほどかけて敢行。「これだけは絶対に見逃せない! 東京ディズニーリゾートのクリスマスベスト5」を勝手に選定した。

■大人気パレードとあのキャラクターグッズ

 先ずはクリスマスイベント「クリスマス・ファンタジー」を開催中のディズニーランドから。パレードやグッズのテーマが“おもちゃ工場”…そこで思い出すのは、そう、『トイ・ストーリー』シリーズ。というわけで第5位は、今年初登場! クリスマス仕様の『トイ・ストーリー』グッズ。ウッディ、バズ・ライトイヤー、リトル・グリーン・メンがサンタクロースの衣装を着たぬいぐるみとして販売中だ。これは『トイ・ストーリー』シリーズを観てオトナになった世代には、垂涎モノの待望のグッズ。リトル・グリーン・メンはポップコーンのバケットとしても登場していたけれど、早くも品薄の模様。『トイ・ストーリー』シリーズは、パーク内で絶大な人気を誇っているようだ。

 第4位は、鑑賞必達のディズニーランド「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」。その名のとおりのクリスマス限定のパレードで、3年目となる今年、シンデレラ城前のフォトロケーションやグッズのデザインも“おもちゃ工場”なので、ガジェット系には目がない男子心に着火するアイテムが満載だ。しかもハロウィーン同様、停止型のパレードなので、パレードの体感時間が長い気がする。音楽もハロウィーンと違って初めて聞くような曲じゃなく、みんなが知っているようなクリスマスソングなので、家族で一緒に踊ることにも抵抗感が少ない…! 要するにハロウィーンと違って、クリスマスは世界観に入りやすいということ。ちゃんと最後にはサンタクロースも登場するからね。オッサンディズニー的には、「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」は安心なのだ。

 さて、ディズニーでは食事もハイライト。ただ、加齢のせいで「セイリングデイ・ブッフェ」のような食べ放題ほどの量はこなせなくなり、うっかりチュロスを食べてしまえば、それで一食浮きかねず、せっかくのディズニーグルメが楽しめない危険性がある。そこで注目したいのが、デザート。オッサンはスイーツなどという、オシャンティーな言葉は使わないぞ。で、食べました! 第3位は、パークからちょっと離れた穴場だが、ディズニーアンバサダーホテル「ハイピリオン・ラウンジ」の「“クリスマスホリデー”パンケーキセット」。これはヨーグルト風味のパンケーキを、クリスマスツリーに見立てた抹茶クリームなどでデコレーションしたもので、この抹茶クリームが激ウマ。「ハイピリオン・ラウンジ」は抹茶をモチーフにしたメニューを夏にも出していたけれど、苦みがまったくない優しい味で、だからこそオッサンに最適というわけ。ちなみに同セットには、数量限定でオリジナルシルバーウェアレストが付き、コレクター魂をくすぐるレアアイテム。しめて2,300円なので、デザート代にしてはチト高いが、ここは大人の底力で満喫してみてほしい。

■1位は…今年初登場のイルミネーションスポット!

 第2位は、「クリスマス・ウィッシュ」開催中のディズニーシーの「カラー・オブ・クリスマス」。実は初めての鑑賞だったので、衝撃が強くてランクイン! これは「ファンタズミック!」同様の演出装置を使って約15メートルの巨大なクリスマスツリーを創出するハーバーショーで、夜のメディテレーニアンハーバーをミッキーマウスやディズニーの仲間たちが船に乗ってクリスマスをお祝いする。まるで巨大な発光体のようなツリーが鮮やかで美しくて、近くで観ると迫力もスゴイ! やや大人向けショーという印象。ちなみにミッキーやミニーが乗っている船の速度が意外に高速で、写真撮影は腕がいることと(笑)、シーでしか会えないダッフィーとシェリーメイの登場もポイントだろうか。「カラー・オブ・クリスマス」は連日19時45分スタートで、その前の17時30分にスタートする「ファンタズミック!」終了後、場所を移動しないで待機される方々が多いようだが、「カラー・オブ・クリスマス」は観賞場所を選ばないショーのような気もするので、細かいことをしない方々は遠くから見ても十分だろう。

 そしてまさかの第1位は、アトラクションでもショー/パレード、この時期限定のメニューでもない! 「スノークリスタル・イルミネーション」。これはディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの憩いの場である、ウォーターフロントパークにあるイルミネーションのこと。ちょうど「タワー・オブ・テラー」の真正面に位置する広場で、今年初登場。これが夜になると幻想的で、雪の結晶をモチーフとしたイルミネーションや、光り輝くミッキーマウスとミニーマウスのモニュメント、雪の結晶をデザインしたベンチなど、心温まるニューヨークのクリスマスを超絶ロマンチックに演出しているってわけ。若人がこぞって行くアトラクションよりも、じっくり眺めて楽しみたい時間もほしいオッサンディズニーには最高のプレゼント。モニュメントやベンチで写真を撮っているカップルが多く、早くも人気スポットになりそう!

《鴇田 崇@RBB TODAY》

関連記事