広告

青田典子、玉置浩二との結婚を前に互いの“過去”を全て告白し合った!

青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
2013年11月18日(月) 22時00分 提供元: cinemacafe.net
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント
青田典子/『グリフィン家のウェディングノート』トークイベント

タレントの青田典子が11月17日(日)、都内で開催された映画『グリフィン家のウェディングノート』の試写会上映前のトークイベントに登場。歌手の玉置浩二との結婚生活について語った。

ロバート・デニーロ、アマンダ・セイフライドら豪華キャストが集い、次男の結婚式のために久々に一堂に会した風変わりな一家の姿をコミカルかつ大胆に描いた本作。青田さんはデニーロが演じた気ままな芸術家肌の父親役を「ガサツで奔放」と評し、「種類が違うけど身近に…私の隣にもいます(苦笑)。芸術家という、新しいものを生み出す人にはこういう奔放さが必要なのかも」と、デニーロの姿に夫の玉置さんを重ね合わせ理解を示す。

映画については「出てくる言葉は“シモ”ばかりなんですが(笑)、オープンなので爽やかにすら感じる。そこまで言ってもらうと赤裸々過ぎて気持ちいいです」と語る。

劇中の次男の結婚式は庭園で催されるが、青田さんと玉置さんも屋外の庭園で婚礼を行なった。この日は、結婚情報誌の読者も招待されていたが、青田さんは「(玉置さんの故郷である)旭川の庭でやったんですが、自然の中で誓いをするというのは大地に繋がっている気がしておススメです!」と語った。

また、結婚式の先の結婚生活については「家族であるということで大切なのは日常。サエない日でも喜びを見つけるのが家族。小さな幸せをいつも探すようにしています」と語る。

特に青田さんが重視しているのが食事。「食事は無言の繋がりを感じるし、愛情表現だと思うので頑張って作っています」とニッコリ。玉置さんの反応を尋ねると「いつも『美味しい』と全部食べてくれるので作りがいがあります」とノロケた。

映画では家族それぞれののっぴきならない“秘密”が次々と明らかにされていく。青田さん自身、玉置さんとの結婚を前に互いの過去や秘密を共有する時間を作ったという。「彼は50代で私も40代ですので。これまで生きてきた人生を互いに告白し合いました。それがないと乗り越えられないと思った」と語る。相手の告白に対し「それはどうなんだろう? と思うこともあってけど、人と人の絆が生まれたと思います。良かったです」と明かした。

青田さんが順風満帆な結婚生活を送る一方で、大親友である国生さゆりは昨年の“バレンタイン婚”から1年とちょっとで離婚に至った。青田さんは、国生さんと会う機会も多いようで「離婚というのはマイナスに向かって力を使うことですが、やりきって納得したら女性は一皮むける。前向きでよかったし、仕事を頑張っていくんじゃないかと思ったし、新たな魅力を感じました」と語った。

『グリフィン家のウェディングノート』は11月29日(金)より公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告