うまみと栄養価をさらにアップさせた『タニタ食堂の金芽米ごはん濃味』発売

タニタ食堂の金芽米ごはん濃味
2013年11月19日(火) 13時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
タニタ食堂の金芽米ごはん濃味
タニタ食堂の金芽米ごはん濃味

 東洋ライスは、亜糊粉層を多く残し、うまみと栄養価を更にアップさせた金芽米を原料としたパックご飯『タニタ食堂の金芽米ごはん濃味(こいあじ)』を11月16日に発売した。

 金芽米は新しい技術で、亜糊粉層を残した白米である。亜糊粉層は、ご飯の食味や栄養価の大部分を左右する部位であり、残っているか否かでコメの価値が変わってくる。従来より、金芽米には亜糊粉層が良好な原料玄米を使用しているが、特に新米の時期はこの亜糊粉層が最も活性化し、量を多く残すことができる。

 東洋ライスは、新米時期の良好な亜糊粉層を極限まで残した金芽米を作れないかと研究・開発を重ね、熟練したオペレーターの精米技術と、新開発のとう精度計により実現した。これにより、甘味とうまみは従来金芽米と比べそれぞれ約10%アップ、健康糖質であるマルトース、オリゴ糖、グルコースはそれぞれ140%アップ、食物繊維は20%アップと大幅に食味・栄養価が向上している。

 亜糊粉層には多くの酵素があり、コメの浸漬時や炊飯時にでんぷんを分解して、マルトースなど多量の健康糖質を生成する。また、亜糊粉層には、自然免疫活性化能が普通の精白米の約6倍含まれている事が発見され、「金芽米」を食べ続けることで自然免疫力が高まり、生活習慣病、感染症、認知症などの予防効果が期待されている。

 実際、金芽米を3か月間食べた200人以上のアンケート結果では、「便通がよくなった」「肌の調子がよくなった」「口内炎ができにくくなった」「風邪をひきにくくなった」など、75%の人に体調改善が見られた。

 同商品に使用できる原料玄米は極めて限られており、熟練オペレーターが手間をかけて精米するため、限られた量しか生産できず、生米としてではなく、パックご飯のみでの販売となる。

《浦和 武蔵》

関連記事