フランス発のコスメブランド、Qirinessが日本第1号店をオープン 12月4日

Qiriness日本1号店(イメージ)
2013年11月23日(土) 17時00分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness日本1号店(イメージ)
Qiriness INITIATION =イニシエーションライン:スキンタイプ別に準備されたクレンジングやトナーなど
Qiriness INITIATION =イニシエーションライン:スキンタイプ別に準備されたクレンジングやトナーなど
Qiriness ESSENTIELS =エッセンシャルライン :お肌のそれぞれのニーズに合わせて処方されたセラムやクリームなど
Qiriness ESSENTIELS =エッセンシャルライン :お肌のそれぞれのニーズに合わせて処方されたセラムやクリームなど
Qiriness RITUELS =リチュアルライン:エステやSPAで実践されている「準備」「浄化」「包み込む」を再現する、スパライン
Qiriness RITUELS =リチュアルライン:エステやSPAで実践されている「準備」「浄化」「包み込む」を再現する、スパライン
Qiriness QOCOON =コクーンライン:フェイスケアのリチュアルをボディ全体で再現する、ボディ用スパの製品群
Qiriness QOCOON =コクーンライン:フェイスケアのリチュアルをボディ全体で再現する、ボディ用スパの製品群

 世界の化粧品の輸入、販売を手掛けるサハラ・インターナショナルグループ(京都市上京区)は12月4日に、フランスのコスメブランド「Qiriness」(キリネス)の日本第1号店を、京都・北山にオープンする。

 「Qiriness」は2004年にフランスで誕生した基礎化粧品ブランド。新しいブランドながら、本格的なSPAケアが自宅で手軽に楽しめるということで、フランスのコスメファンに支持されている。

 日本第1号店では、空間デザイナー・森井良幸氏が手掛けた空間で商品を試用してもらい、店内のエステルームでは、簡単なフェイシャルエステサービスも提供する。また、併設のカフェスペース、「Cafe de Qiriness」では、生ハーブティーやスムージーなどのドリンク&スウィーツを楽しめる。

 場所は京都市左京区で、地下鉄烏丸線「北山」駅、市バス「北山駅前」からすぐ。店舗面積は約135平方メートルで、物販スペースとカフェスペースとで半分ずつを占める。客席数は40席、販売アイテム数は約30点。初年度の来場者は2万人を目標としている。

 「Qiriness」は、フランスのSPAで行われているお手入れをイメージし、ユーザーひとりひとりの肌の状態にあったスキンケアプログラムを提供する。「Qiriness」製品は、スイスの研究所における研究を経て商品化され、製品開発のキーワードは「E・O・S複合体」=「エネルギー」「酸素」「静穏」だ。

Qiriness(化粧品・物販)
Cafe de Qiriness(カフェ)
●住所:京都市左京区下鴨南芝町20
●営業時間:11時00分~19時00分
定休日:火曜日

《高木啓@RBB TODAY》

関連記事