広告

家族みんなで食事を食べていますか?

家族で食卓を囲む回数
2013年11月25日(月) 12時00分
家族で食卓を囲む回数
家族で食卓を囲む回数
”家族”や”家族の食卓”に関する意見
”家族”や”家族の食卓”に関する意見
夕食を家族で食卓を囲めない理由
夕食を家族で食卓を囲めない理由
家族で食卓を囲む際の話題
家族で食卓を囲む際の話題
家庭での子どもに対する教育・しつけ
家庭での子どもに対する教育・しつけ
家族からもっとも喜ばれる手料理メニュー
家族からもっとも喜ばれる手料理メニュー

 パルシステム生活協同組合連合会は、「家族の食卓に関する調査」を、モバイルリサーチで11月1日から11月5日の5日間に実施し、20歳から59歳の既婚女性1,000人の有効回答を集計した。

 家族で食卓を囲む回数を、朝食・夕食それぞれについて聞いたところ、朝食では、「毎日必ず」は24.9%と4人に1人の割合にとどまり、「週に1~2日程度」は26.3%、「それ(週に1~2日程度)以下の頻度」が32.4%となった。 一方、夕食は「毎日必ず」が最も多く 36.2%だったが、次に多かったのは「週に1~2日程度」で21.4%と、5人に1人の割合だった。

 次に、夜に家族で食卓を囲めない日があると回答した人に、その理由を聞いたところ、もっとも多かったのは「夫の仕事の都合」で80.4%と際立っており、特に20代(94.1%)、30 代(92.3%)の家庭では9割以上だった。

 また、全回答者に、家族で食卓を囲む際にどのようなことが話題になっているか聞いたところ、もっとも多かったのは「芸能ネタ・テレビ番組のこと」で 58.5%だった。以下、「事件・事故のこと」(41.8%)、「家族でのおでかけのこと」(40.3%)が4割台、「学校・幼稚園のこと」(35.6%)、「近所・地域のこと」(34.3%)、「親の仕事のこと」(34.2%)、「スポーツのこと」(31.5%)が 3 割台で続いた。

 このほか、全回答者に、『家族』や『家族の食卓』に関することについて意見を聞いたところ、『あてはまる』(「非常に当てはまる」+「ややあてはまる」)と答えた割合は、『家族で食卓を囲むことは家族の絆を深めると思う』(90.0%)や『家族で食卓を囲むことは子どもの教育に欠かせないと思う』(91.3%)、『家族で食卓を囲めることは幸せなことだと思う』(94.8%)ではという結果に。しかし、その一方で、『家族で食卓を囲む機会が日本の家庭では減っていると思う』では 84.8%となり、家族の食卓における理想と現実のギャップが浮き彫りになった。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告