トム・ヒドルストンにカンバーバッチ…いま、世界では“英国男子”が熱い!

トム・ヒドルストン/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.
2013年11月30日(土) 00時00分 提供元: cinemacafe.net
トム・ヒドルストン/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.
トム・ヒドルストン/『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C)2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.
吸血鬼役のトム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』-(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.
吸血鬼役のトム・ヒドルストン/『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』-(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.
ベネディクト・カンバーバッチ/『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 -(C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.
ベネディクト・カンバーバッチ/『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 -(C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks and logos are trademarks of CBS Studios Inc.
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』来日会見/ベネディクト・カンバーバッチ
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』来日会見/ベネディクト・カンバーバッチ
ヘンリー・カビル『マン・オブ・スティール』 - TM & (C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & (C) DC COMICS
ヘンリー・カビル『マン・オブ・スティール』 - TM & (C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & (C) DC COMICS
ヘンリー・カビル/『マン・オブ・スティール』ジャパン・プレミア
ヘンリー・カビル/『マン・オブ・スティール』ジャパン・プレミア
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C) 2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 -(C) 2013 MVLFFLLC. TM & (C) 2013 Marvel. All Rights Reserved.

人気アメコミシリーズの続編『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』やジム・ジャームッシュ監督作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』と公開作が相次ぎ、日本でも注目度急上昇中の“トムヒ”こと、トム・ヒドルストン。

彼が、先日発表されたイギリス「Empire(エンパイア)」誌による恒例企画「最もセクシーな男優」の全世界投票で見事2位に選出されたことも話題となったが、気づけば、1位は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のベネディクト・カンバーバッチ、3位は『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カビルと、セクシー男優ベスト3を英国人俳優が独占! そこで、いま世界中で最も注目され、求められている3人の“英国男子”に迫った。

トム・ヒドルストンが出演する『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』は、10月30日より全世界69の国と地域で順次公開され、各国で初登場1位を飾った。今後、日本やイタリアなど主要国での公開を控える中、早くも2013年公開作品の中でベスト10にランクインしたのだ。『アベンジャーズ』を始めとするマーベル作品の人気は、本作で世界的にも完全に火が付いたと言っても過言ではない。

今年行われたサンディエゴ・コミコンでの本作の予告発表会でも、トムはソーの弟で宿敵・ロキ役の衣装で登場し、圧倒的な人気ぶりを見せていた。また、公開に先立って行われた本作のLAプレミアでも、一際大きな声援が上がっていたトム。彼の人気は世界的にも凄まじく、各地のプレミアではロキのコスプレ姿のファンで溢れかえっていたのだとか。

現在32歳のトムは、『ミッドナイト・イン・パリ』、『戦火の馬』での印象的な役柄に続き、『マイティ・ソー』(ともに’11)でロキ役を熱演。クリス・ヘムズワース同様、その後の『アベンジャーズ』でもその存在感が絶賛された。ちなみに、英映画雑誌「Total Film」が行った「映画界でいま最もセクシーな男優」ランキングでは1位を獲得。本国のみならず、日本でも多くの女性の心を虜にしているところだ。

また、今夏、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の“美しすぎる悪役”として話題を席巻したベネディクト・カンバーバッチは、俳優のティモシー・カールトンとワンダ・ヴェンサムの間に生まれたサラブレット。02年に俳優デビュー後、BBCドラマ「SHERLOCK/シャーロック」(‘10)で世界的にブレイク。今後は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前日譚『ホビット』3部作(’12~14)もあり、ハリウッドでの今後の活躍が期待されている、37歳にしていまが旬の俳優だ。今後は『The Imitation Game』(原題)での同性愛者の天才数学者役など、その個性が光る、一筋縄ではいかない役を務めた主演作が続々公開予定となっている。

そして、今年公開の『マン・オブ・スティール』でブレイクを果たしたヘンリー・カビルは、ダニエル・クレイグやサム・ワーシントンと共に『007』シリーズのジェームズ・ボンド役の最終テストに残ったが、若すぎると選にもれ、また『トワイライト』シリーズの原作者に主人公エドワード・カレン役を演じてほしいと言われていたが、年齢が高すぎるとあえなく断念。そして、今年ついに、『マン・オブ・スティール』における新生スーパーマン、クラーク・ケントを射止め、世界に誇る英国人俳優のひとりとしてその名を知らしめた。

いずれも名門の香り漂う、タイプの違うイケメンの3人は、個性溢れるセクシーさで世界中の女子を夢中にさせている。この“英国男子”旋風は、まだまだ留まることを知らない。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』は2014年2月1日(土)より全国にて2D/3D同時公開。

《text:cinemacafe.net》

関連記事