食材を時計回りに並べて食べるのが吉?…書籍『長生きしたければ「時計回り」で食べなさい』が発売

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい ~お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密~
2013年12月11日(水) 20時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
長生きしたければ「時計回り」で食べなさい ~お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密~
長生きしたければ「時計回り」で食べなさい ~お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密~
西山由美氏
西山由美氏
西山智広氏
西山智広氏

 メディカルエージェンシーは、『長生きしたければ「時計回り」で食べなさい ~お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密~』を12月12日に現代書林から発売する。

 同書は、著者の西山由美氏が、前著の『美女のスイッチ』の中で「由美式ダイエットプレート」を紹介したところ、多くの読者から「もう少し具体的な食事メニューを教えて欲しい」という要望が寄せられ、ダイエットプレートや食べ方、メニューについて書いた本書の出版に至ったという。

 同氏は、当時小学生だった娘たちに好き嫌いなく食べてもらうために試行錯誤した結果、辿りついたのが、血糖値の上がりにくい食材から時計回りに並べ(野菜→肉/魚→穀物→果物)、糖の吸収スピードを抑えながら順番に食べていく方法だった。

 この方法で、最後まで残さず食べるようになったばかりでなく、体調が良くなったり、肌がキレイになったり、記憶力が良くなったという。

 同書を監修した、由美氏の夫である西山智広氏も、当時74kgあったが、1年後に体脂肪率14%になっている。また、アトピー性皮膚炎で悩む16才の女子が来院した時、薬を処方するのではなく、食事の改善やダイエットプレート、時計回り食べについて指導したところ、通院のたびに症状がよくなっていったという。

 本書では、小学生でも続けられる簡単な方法で、健康になれる「時計回り食べ」を紹介している。

《浦和 武蔵》

関連記事