睡眠は健康の基本! 楽天の田中投手とEXILEのTETSUYAが“ベストネムリスト”を受賞

『眠り of the year 2013』を受賞したの田中将大投手と、EXILE・TETSUYA
2013年12月25日(水) 12時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
『眠り of the year 2013』を受賞したの田中将大投手と、EXILE・TETSUYA
『眠り of the year 2013』を受賞したの田中将大投手と、EXILE・TETSUYA
楯を受け取る田中将大投手
楯を受け取る田中将大投手
楯を受け取るEXILE・TETSUYA
楯を受け取るEXILE・TETSUYA
トークショーの様子
トークショーの様子
「睡眠がとれたからこそ健康でいられた」とコメントしていた田中投手
「睡眠がとれたからこそ健康でいられた」とコメントしていた田中投手
「健康を保つには、睡眠、運動、食事が大切」と話していたEXILE・TETSUYA
「健康を保つには、睡眠、運動、食事が大切」と話していたEXILE・TETSUYA
田中将大投手と、EXILE・TETSUYAの全身ショット
田中将大投手と、EXILE・TETSUYAの全身ショット
田中将大投手と、EXILE・TETSUYAが使用しているという東京西川のマットレス
田中将大投手と、EXILE・TETSUYAが使用しているという東京西川のマットレス
「Facebook限定! クリスマスキャンペーン」ページ
「Facebook限定! クリスマスキャンペーン」ページ

 去る12月23日、都内にて、『眠りof the year 2013』の授賞式が行われた。

 同イベントは、寝具メーカーの東京西川が主催となって2012年に発足した「眠り復活プロジェクト」の企画であり、今年ぐっすり眠って大活躍し、日本を元気づけた人を“ベストネムリスト”として表彰するもの。

 今回で二回目となる「眠りof the year」の受賞者に選ばれたのは、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手と、ダンス&ボーカルユニットのEXILEでパフォーマーとして活動しているTETSUYAの2名(なお、昨年の受賞者は、女子レスリングの伊調馨選手と小原日登美選手)。

 ベストネムリストを受賞した田中投手は『僕の眠りが評価されたってことで、大変うれしく思います』と、やや照れ笑いをしながらコメント。実際に、ふだんから睡眠を大事にしているという田中投手は、睡眠時間(平均7~8時間)を確保できるように、眠るまでのスケジュールを立てているという。また、『きちんと睡眠時間を確保したからこそ、健康でいられたと思う』と話した。

 もう一人の受賞者であるEXILEのパフォーマー・TETSUYAは、東京西川の『日本睡眠科学研究所』で睡眠について学んだり、睡眠によるコンディション管理の追求などが評価され、今回の受賞に至ったとのこと。

 TETSUYAは『僕の眠りが高評価だったということが何よりもうれしいです』と受賞の喜びを語り、『睡眠、運動、食事を大切にして、健康を保っています』と、良い睡眠をとることが、ダンスパフォーマンスの向上に繋がることをアピールしていた。

 このほか、東京西川は、田中投手、EXILE・TETSUYAの直筆サイン入りモバイルマット(エアーポータブル)を各1名、合計2名にプレゼントすることを発表。「Facebook限定! クリスマスキャンペーン」として、同社Facebookページにて、12月24日から12月31日の間、プレゼント応募の申し込みを受け付ける。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事