オトナは、クリスマスにはゴージャスな食事をしない!? …トラベルズー調べ

一番ゴージャスな食事をするときはいつですか?
2013年12月25日(水) 13時00分
一番ゴージャスな食事をするときはいつですか?
一番ゴージャスな食事をするときはいつですか?
一番ゴージャスな食事をするときはいつですか?
一番ゴージャスな食事をするときはいつですか?
ゴージャスな食事をする時に選ぶレストランの条件、こだわりは何ですか?
ゴージャスな食事をする時に選ぶレストランの条件、こだわりは何ですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いランチの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?
今までで一番高いディナーの金額はいくらですか?

 旅行情報サイト「Travelzoo」を運営するトラベルズー・ジャパンは、日本のトラベルズー登録読者の中から、アラフォー世代(35歳から44歳) 、アラフィフ世代(45歳から54歳) 、アラカン世代(55歳から64歳)の男女378人に外食に関する意識・動向調査を実施した。

 同調査で、いちばんゴージャスな食事をする日について聞いたところ、既婚・未婚問わず、どの世代でも「バレンタインデー」、「ホワイトデー」を選んだ人は0%から1.3%とごくわずか。「クリスマス」でさえも11.1%から17.9%と、「誕生日」や「結婚記念日」を凌ぐには至らなかった。

 既婚者はどの世代も「誕生日」にいちばんゴージャスな食事をする人がもっとも多く、次いで「結婚記念日」が2番目に多いことがわかった。しかし、世代が上がるにつれ「結婚記念日」にいちばんゴージャスな食事をする割合が増え、逆に「誕生日」が減ることから、既婚者は世代が上がるにつれ「誕生日」より「結婚記念日」を重要視する傾向にあることがわかった。

 未婚者は、アラカン(55歳から64歳)になると、いちばんゴージャスな食事は「誕生日」から「友人との食事会」へ逆転し、5割ものアラカン未婚者が「友人との食事会」でいちばんゴージャスな食事をすることがわかった。

 レストランを選ぶときの条件やこだわりは、男女ともに「味」がダントツで1位だった。2位に選ばれたのは、男性は「装飾・雰囲気」、女性は「口コミ」で、ロマンチックな男性と、身近な意見を聞きたい女性と言う男女の違いが現れた結果となった。

 未婚男性が選んだ、今まででいちばん高い、ランチの金額の1位をそれぞれ比較すると、アラフィフ世代(45歳から54歳)は、「1万円以上」がもっとも多く、約半数が「1万円以上」のランチを食べたことがあることがわかった。一方、既婚男性は未婚者に比べ消費に対して消極的なのか、1位は世代問わず「5,000円以上1万円未満」という結果になった。

 未婚女性は、世代が上がるにつれ「1万円以上」と回答した人の割合が高くなり、豪華ランチを食べる傾向があることがわかった。一方、既婚女性の1位は、既婚男性同様世代を問わず「5,000円以上1万円未満」で、やはり女性も既婚者になると財布の紐が固くなる傾向にあるようだ。

《浦和 武蔵》

関連記事