広告

“衝動買い”をしてしまう商品、ナンバー1は…

衝動買いしてしまう商品はどんなものが多いですか?
2014年1月9日(木) 13時15分
衝動買いしてしまう商品はどんなものが多いですか?
衝動買いしてしまう商品はどんなものが多いですか?
あなたの買い物の傾向を教えてください
あなたの買い物の傾向を教えてください
熟考して買う場合、何を考えていますか?
熟考して買う場合、何を考えていますか?
どんなときに衝動買いをしますか?
どんなときに衝動買いをしますか?

 年末年始の連休中、ゆったりと自宅で過ごした人もいれば、デパートの年末セールや年始の初売りに出かけた人もいるだろう。中には、なんとなく店先で目に入った商品を、ついつい“衝動買い”してしまった人もいるかもしれない。

 このたび、ニッセンが運営しているプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」が、昨年の12月9日から12月16日の間、30代と40代の女性約1,600名を対象に実施した、買い物に関する意識調査の結果によれば、「どちらかというと衝動買いが多い」という人が30.9%おり、「衝動買いが多い」という人は6.3%いたという。

 また、同調査で、『熟考して買う場合、何を考えていますか』という問いでは、90.1%の人が「価格」と回答。その他としては、「デザイン」(83.4%)、「機能・性能」(72.7%)、「クチコミ」(68.8%)が購入時のポイントになっていることがわった。

 そこで、『衝動買いをしてしまう商品はどんなものが多いですか』と尋ねると、以下のような結果になった。

 ■衝動買いをしてしまう商品
 1位:洋服
 2位:食品・お菓子
 3位:バッグ・靴
 4位:本・雑誌
 5位:アクセサリー
 6位:化粧品
 7位:ダイエット関連
 8位:衝動買いしない
 9位:ゲーム
 10位:デジタルコンテンツ(ゲーム・アプリ・スタンプ・電子書籍など)

 このほか、『どんなときに衝動買いをしますか』という問いでトップだったのは、「欲しい商品をみかけたとき」(71.4%)。次いで、「価格の安さにつられたとき」(62.0%)、「お給料後、ボーナス後などお金に余裕があるとき」(31.0%)、「限定品をみつけたとき」(29.8%)、「ストレスを感じているとき」(23.8%)という順だった。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告