和食好きの木村佳乃が“日本の食”をアピール! …「日本の食でおもてなし事業」記者発表会より

イベントに登場した、女優の木村佳乃
1月27日、農林水産省にて、フード・アクション・ニッポン 『日本の食でおもてなし事業』記者発表会が行われた。

同イベントは、農林水産省が、日本の食料自給率向上のために実施しているプロジェクト「フード・アクション・ニッポン」のひとつとして新たに展開する“食と観光との連携による地元食材魅力発信事業(日本の食でおもてなし事業)”を紹介するために行われたもの。

同事業は、国内の観光事業者(宿泊施設・飲食店・製造会社など)を対象に、「日本の食でおもてなしパートナー」への参加を呼びかけ、パートナー店舗となった事業者は、地元の食材を活用した食の魅力や意義を紹介。

そのほか、テレビや新聞、雑誌などのメディアを活用したPR活動や、宿泊施設、飲食店などの利用者に、地元の食材利用を促進するプレゼントキャンペーンを展開するという。

発表会の会場には、「日本の食でおもてなし」事業のキャンペーンキャラクターを務める女優の木村佳乃が登場。

木村は、『映画撮影などで国内の各地に行く機会があるのですが、その土地の季節ものや郷土料理を食べるようにしています。特に印象に残っているのは、愛媛県の大三島で食べたみかんと鯛めしですね。あとは、高知県のカツオのタタキや、山形県の芋煮など、挙げていったらきりがありません』とコメント。

また、二人の娘を持つ木村は毎日料理をしていると言い、『上の子(長女・2歳)は和食が好きみたいで、シイタケとシメジが大好きなんです。あと、お米も好きで、よくおにぎりさんにしています。お米って便利ですよね。チャーハンやお粥にもできたりして、バリエーションが多いので助かっています』と、家庭で調理している和食について話していた。

そして、記者発表前に、木村と「日本の食でおもてなしパートナー」モデル旅館の女将6名が、林芳正農林水産大臣を表敬訪問し、「日本の食でおもてなし」事業の応援団に就任。

今回の事業や応援団についてコメントを求められた木村は、『日本には四季があり、季節のおいしいものがたくさんあるので、どんどん和食の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。私自身がいろいろな郷土料理を食べて詳しくなって、和食の魅力を伝えられるように頑張ります!』と意気込みを語った。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次