銀座、有楽町エリアで“飲み歩き”を楽しむ!…グルメフェスタ『バルタウン in 有楽町』

グルメフェスタ『バルタウン in 有楽町』の当日チケット販売所に集まっている人たち
去る1月25日と26日の2日間、東京・銀座、有楽町エリアにて、『バルタウン in 有楽町』が実施された。

同イベントは、「入ってみたいあのお店、初めて入ったこの名店」をキーワードに厳選された有楽町の飲食店で、この日だけの特別限定メニューを食べ歩き&飲み歩きできるグルメフェスタ。

参加者たちは、事前に前売りチケット(3,200円の4枚つづり/チケット1枚、800円)を予約購入してイベント会場に向かうか、有楽町に設けられた当日券販売所で当日券(3,600円の4枚つづり)を購入するシステムになっている。

チケットを受け取ったら、「バルタウン in 有楽町」の参加店舗マップに記載されている店舗へ来店。チケット1枚と引きかえに、その店舗のドリンク1杯と1品料理、もしくはお店のおすすめ特製料理を注文できる(通常1,500円相当のものが800円で飲食可能)。

チケットは4枚つづりのため、最高で4店舗の「はしご酒」を楽しめるが、余ったチケットは800円の金券としてイベント終了後も使用できる。

このほか、同イベントでは、サプライズ・パフォーマンスを用意。参加店舗での食事中に、突然マジシャンが登場したり、店員が急に踊りだしたり、お店を出ると大道芸人や音楽隊が待ち構えていたりといった企画があり、パフォーマーが訪れる店舗名や時間は、参加者に明かされないため“突然の驚き”を楽しめる。

さらに今回は、サイバーエージェントが運営する、グルメログサービス「グルメイヤー」とのコラボ企画として、当日券販売所で「自身のグルメイヤーアカウント」画面を提示すると、ドリンク1杯が無料となる特別チケットをもらえた。

また、今回の「バルタウン in 有楽町」に参加していた店舗は、バー、スペインバル、スパニッシュレストラン、インド料理、シチリア料理、イタリアン、お寿司、九州料理、沖縄料理などを提供している12の店舗で、開催時間は17時から23時までとなっていた。

なお、今回のイベントは有楽町エリアで行われたが、バルタウンは開催場所を変えて定期的に実施されている。今後は「横浜(2月2日から4日)」、「町田(2月15日から16日)」、「六本木(3月1日から3日)」、「青山(3月11日から13日)」で開催される予定で、「バルタウン」のWebサイトで前売りチケットを予約できる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次