広告

Superfly、2014年初楽曲は「闇金ウシジマくん」主題歌

主題歌・イメージソングを担当するSuperfly
2014年2月17日(月) 22時00分 提供元: RBB TODAY
主題歌・イメージソングを担当するSuperfly
主題歌・イメージソングを担当するSuperfly
『闇金ウシジマくんPart2』 (C)2014真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会
『闇金ウシジマくんPart2』 (C)2014真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

 Superflyの2014年第一弾作品となる新曲「Live」と「万華鏡と蝶」が5月16日公開の映画『闇金ウシジマくんPart2』の主題歌、及びイメージソングに起用されることが決定した。

 主題歌となる「Live」(読み方:リヴ)は、壮大感のあるバラードで、「生きる」という事をテーマに書かれた楽曲。Superfly志帆は、「希望の光が射しこんでくるような楽曲をイメージして作った」と説明する。またイメージソング「万華鏡と蝶」はSuperfly史上初となる“ほぼ英語歌詞”で構成。「怪しげで、これから一波乱起きる予感の沸くようなゾクゾクする一曲をイメージ。欲望や嫉妬など、心の中にあるとてもネガティブな感情に呑まれそうになっている主人公達を、万華鏡と蝶という歌詞で表現した」という。

 Superflyは「闇金ウシジマくん」のPart1に続き、再び主題歌・イメージソング担当することとなったが、映画については「前作同様に、エッジの効いた個性的で攻撃的な一面と、主人公達の人間臭い一面とが絡み合い、とても見応えのある作品」と語っている。

 「闇金ウシジマくん」は、闇金業界を舞台とした同名コミックを原作に2010年10月より深夜連続TVドラマとして放送され、高視聴率を記録。2012年には劇場版が公開され、『闇金ウシジマくんPart2』はその続編となる。主演は山田孝之が引き続き務める。

《編集部@RBB TODAY》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告