目黒雅叙園で『いけばな×百段階段2014』が開催…3月18日から5月18日まで

昨年度展示の様子
2014年3月11日(火) 17時00分
昨年度展示の様子
昨年度展示の様子
昨年度展示の様子
昨年度展示の様子
昨年度展示の様子
昨年度展示の様子
公開制作の様子
公開制作の様子
「いけばな体験」会場
「いけばな体験」会場
日本料理 渡風亭「春の会席膳」
日本料理 渡風亭「春の会席膳」
文化財「百段階段」
文化財「百段階段」
文化財 百段階段「漁樵の間」
文化財 百段階段「漁樵の間」

 目黒雅叙園は、3月18日から5月18日まで、園内に現存する東京都指定有形文化財「百段階段」にて、2回目の実施となる『いけばな×百段階段2014』を開催する。

 同イベントでは、古典様式から現代様式まで、幅広いスタイルの「いけばな」を見ることができる。

 また、「公益財団法人日本いけばな芸術協会」から、昨年度を超える51流派が集結し、週替わりで文化財「百段階段」に作品を発表。いけばなと昭和初期を代表する日本画家たちが美を競い合ったアート空間「百段階段」との時代を超えた美の共演が再び実現する。

 桜が芽吹く時期から新緑の季節までの2か月におよび、日々表情が変化する移ろいの美を楽しむことができ、会期中何度でも見ることができるお得なフリーパス(3,000円)も販売される。

 展覧会休館日の毎週月曜日には、エントランスロビーにて、流派の家元らが手がける大作の公開制作を開催し、いける過程を間近で見ることができる。

《浦和 武蔵》

関連記事