【MWC 2014 Vol.24】ソニーが”スマートウェア”「SmartBand SWR10」を正式発表……日本発売も予定

SmartBand SWR10
2014年3月12日(水) 14時31分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
SmartBand SWR10
SmartBand SWR10
いよいよ内容が公開された
いよいよ内容が公開された
Xperiaシリーズの中からAndroid 4.4とBluetooth 4.0対応の機種に「Lifelog」アプリを導入して使うことができる
Xperiaシリーズの中からAndroid 4.4とBluetooth 4.0対応の機種に「Lifelog」アプリを導入して使うことができる
使用イメージ
使用イメージ
LifeLogアプリはGoogle Playストアで配布をスタートする
LifeLogアプリはGoogle Playストアで配布をスタートする
本体のカラーバリエーション
本体のカラーバリエーション
COREチップを装着したところ
COREチップを装着したところ
COREチップにカメラを搭載したウェアラブル端末のコンセプトモデル
COREチップにカメラを搭載したウェアラブル端末のコンセプトモデル

 ソニーモバイルはMWC2014のブースでプレスカンファレンスを開催。CESでコンセプトを披露した”スマートウェア”商品「SmartBand SWR10」を発表した。

 ソニーが1月のCESで発表したウェアラブル端末「CORE」のコンセプトが、具体的な商品として正式にアナウンスされた。発売は全世界60ヵ国で、3月以降に予定する。日本での発売も現在検討中。カラーバリエーションは発売当初はブラックからスタートして、順次新色を追加していく。

 「Smart Band」は樹脂素材のリストバンドに、加速度センサーとBluetooth通信機能を内蔵する「CORE」チップを組み込んだウェアラブル端末。ディスプレイは搭載されていない。本体はIPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵加工。NFCによるワンタッチペアリングにも対応する。

 ソニー「Xperia」シリーズの中から、Android 4.4とBluetooth 4.0を搭載するスマートフォン・タブレットに、Google Playで同時期に配布をスタートする専用アプリ「Lifelog(ライフログ)」をインストールすることで、万歩計や消費カロリーなどの行動記録を残したり、睡眠サイクル計をはじめとするフィットネス機能が利用できる。また本体をタップしながら音楽再生アプリ「WALKMAN」のコントロールが行える「Media Remote」も搭載する。

 「Lifelog」アプリは独自のUIを特徴としており、1日単位や1週間単位など一定期間内の活動履歴がアニメーションを使って表示される。「Life Bookmarks」は本体の天面を2度軽くタップして、その時にいた場所をモバイル端末のGPSと連動して記録したり、スマホやタブレットで再生中のコンテンツの視聴履歴をブックマークしておける機能。例えばYouTubeを再生中に気に入ったコンテンツをブックマークしておき、後から同じコンテンツを簡単に呼び出せる。またGPSやマップと連動して、旅行中印象に残ったスポットで本体をタップして周遊記録を残したり、その際に撮影した写真を関連づけて記録するといった使い方もできる。

 ほかにも「Life tools」ではペアリングしたスマホ、タブレットにメールが着信したり、友人のFacebookが更新された際に本体のバイブレーションでアラートしてくれる機能が利用できる。

《山本 敦@RBB TODAY》

関連記事