広告

脂質を50%カット! 『ケロッグ フルーツグラノラハーフ』がリニューアル

「フルーツグラノラハーフ」リニューアル版
2014年3月19日(水) 17時00分
「フルーツグラノラハーフ」リニューアル版
「フルーツグラノラハーフ」リニューアル版
「フルーツグラノラ」徳用サイズ
「フルーツグラノラ」徳用サイズ
1食(40g)あたりの脂質量
1食(40g)あたりの脂質量
フルーツグラノラハーフができるまで
フルーツグラノラハーフができるまで

 日本ケロッグは、栄養機能食品『ケロッグ フルーツグラノラハーフ』をリニューアルし、3月中旬より発売を開始する。

 同商品は、同社が以前から発売している「ケロッグ フルーツグラノラ」の脂質を50%カットしたもの。一食40gあたりの脂質はわずか1.1gなのだとか。

 今回のリニューアルで着目したのは「ホワイトクリスプ」といわれる部分。この密度をコントロールすることこそが、「脂質を上げずに食感を柔らかくする」カギとなっていたという。日本ケロッグは、1年をかけてホワイトクリスプの密度をコントロールすることに成功し、低脂質を保ちながら食感の柔らかさも実現したという。

 また、同商品の徳用サイズは、保存に便利なチャック付スタンディングパウチタイプとなり、パッケージデザインも一新している。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告