前田敦子、初のワンマンライブ……言葉をつまらせ歌えない!

前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
2014年4月4日(金) 22時00分 提供元: RBB TODAY
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】
前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】

 前田敦子が3日、自身初のワンマンライブとなる「前田敦子 1st LIVE【SEVENTH CHORD】」を、東京のZepp Tokyoで開催した。会場には2700人のファンが集まった。

 「ライブ自体、とても久しぶりなのでちゃんと歌わなきゃ」と意気込んだ前田だったが、「右肩」の歌唱中に何度も言葉をつまらせ涙を拭いた。“いつもそばにいてくれる”という歌詞の内容に「曲とファンの皆さんがマッチしちゃって全然歌えなかった」とのこと。3月にリリースされた4thシングル「セブンスコード」の発売時期を間違え、会場の笑いを誘う一幕もあった。

 この日のステージで披露したのは、ソロデビュー曲「Flower」や「タイムマシンはいらない」、「君は僕だ」など計18曲。

《高木啓@RBB TODAY》

関連記事