広告

アクションとデジタルの幻術で食す……忍者ショーレストラン

忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
2014年4月12日(土) 14時00分 提供元: RBB TODAY
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)
忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)

 京都・四条河原町にある忍者屋敷レストラン「忍者京都迷宮殿(NINJA KYOTO)」内の新施設で、忍者たちの戦いを描くライブショーが連日開催されている。

 3月12日にオープンした同店内の新施設「DINING THEATER NINJA:幻術桟敷」は、国内外の観光客向けの劇場型レストラン。忍者に扮したダンサーたちがアクロバットやワイヤーバトルアクションを披露するライブショーには、プロジェクション・マッピングを採用。デジタル技術を駆使した映像によって、ステージ模様が様々に変化するステージとなっている。

 ライブショーの総合プロデュースを担当したのは、東京・赤坂の「NINJA AKASAKA」や神奈川・新横浜の「新横浜ラーメン博物館」などの空間プロデュース及びアートディレクションを手掛けた相羽高徳氏。“相羽ワールド”とも言われる独特の視点で演出されるライブショーでは、一人の青年が二人の忍者とともにさらわれた姫を救う冒険活劇を描く。

 まるで、忍者たちが現代に甦ったような別空間を、食事やお酒を楽しみながら体験できる「DINING THEATER NINJA:幻術桟敷」。定休日以外、毎日2~3回開催されているライブショーの料金は、ショーチャージに食事付きで一人当たり4,000円(税抜き)。貸し切りも可。

《渡邊晃子@RBB TODAY》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告