早大「学生アスリートの育成プログラム」2014年度より実施

早稲田アスリートプログラム(WAP)
2014年4月14日(月) 12時00分 提供元: リセマム
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
早稲田アスリートプログラム(WAP)
早稲田アスリートプログラム(WAP)
プログラムの目標
プログラムの目標
人格陶冶のための教育プログラム
人格陶冶のための教育プログラム
修学支援
修学支援

 早稲田大学は4月8日、同大競技スポーツセンターが中心となって学生アスリートの文武両道を高いレベルで実現する「早稲田アスリートプログラム(WAP)」を2014年度より実施すると発表した。すべての体育各部の部員が対象となる。

 早稲田アスリートプログラム(WAP)では、学生アスリートが学業と部活動を両立し、社会性と豊かな人間性を兼ね備えた人格形成を目指す。学生アスリートの「人格陶冶のための教育プログラム」と、学期ごとに取得すべき基準単位を設定し、4年間で卒業できるようサポートする「修学支援」の2本の柱から成り立つ。プログラムの対象となるのは、44部・約2,400名のすべての体育各部部員。

 人格陶冶のための教育プログラムでは、社会のさまざまな分野でリーダーとして活躍できる人材となるための基礎を学ぶ。学内外から講師を迎えて講演会やセミナーを開催するほか、オンデマンドコンテンツを利用して時間的制約のある学生アスリートも学びやすい環境を整備する。

 修学支援では、競技スポーツセンターが全部員の学業情報を把握し、部員が学業成績不良者となることを未然に防ぐ。もし、学業成績が所定の基準に満たない場合には、練習時間の制限や対外試合の出場停止を含む指導を行い、標準修業年限である4年間で卒業できるようサポートするという。

 同大は、WAPにより「文武両道を体現する学生アスリートを育成し、社会を支えるグローバルリーダーを輩出すること」を目標に掲げる。

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事