「おうちフローズン」がトレンドに? 増税で“ウチナカ回帰”の傾向も

コーヒーフローズン
2014年4月25日(金) 15時26分 提供元: RBB TODAY
コーヒーフローズン
コーヒーフローズン
抹茶フローズン
抹茶フローズン
ミネラルフローズン
ミネラルフローズン
光熱費やレジャー費をおさえるために、今年の春夏は、体のなかから涼しくなるメニューを積極的にとり入れたいと思いますか?
光熱費やレジャー費をおさえるために、今年の春夏は、体のなかから涼しくなるメニューを積極的にとり入れたいと思いますか?
自宅でフローズンドリンクを手作りしてみたいと思いますか?
自宅でフローズンドリンクを手作りしてみたいと思いますか?
今年の春夏、あなたが飲みたいと思うフローズンドリンク
今年の春夏、あなたが飲みたいと思うフローズンドリンク

 今年の消費トレンドのキーワードと言えば、やはり「増税」だ。4月から消費税が8%にアップしたことで、外食や外出を控えて自宅で過ごす時間を大切にする“ウチナカ回帰”志向の人も増えている。

■この夏加速の「おうちフローズン」トレンドの背景

 そんななかトレンド総研は、2014年・春夏のトレンドの1つとして『おうちフローズン』に注目しているという。その背景には、“ウチナカ回帰”の人であっても「お店で買うより安いけれども、ちょっとプチ贅沢できるものを見つける」「食事やドリンクなどをみんなで手作りする」と、“節約自体を楽しもう”とする傾向が強まっているからだ。

 フローズンドリンクは、ふだんのドリンクにひと手間かけるだけで、見た目や食感が変わる楽しさを味わうことができる。グリーンスムージーやミネラルスムージーなど、飲み物の種類を工夫したり、トッピングを変えたりと、自分なりのアレンジがしやすいのも楽しめるポイントだ。さらに最近では、自宅でフローズンを作るためのマシンやクッキングトイなども登場している。

 商品ジャーナリストの北村森氏は、「ここ数年をみてもフローズンドリンクは定番化しつつあると言えますが、今年は“ウチナカ回帰”にともない、『おうちフローズン』を楽しむ人がさらに増えるでしょう」と予測。「自宅でも手軽かつリーズナブルに、この夏、ちょっと贅沢な気持ちが味わえる『おうちフローズン』は、“節約を楽しみたい”現代の消費者にとって非常に魅力的に映るのです」と指摘している。

 実際に、20~30代の男女500名に、消費増税後の意識変化および「おうちフローズン」への興味について調査(調査期間:4月2日~7日)を行ったところ、「光熱費やレジャー費をおさえるために、今年の春夏は、体のなかから涼しくなるメニューを積極的にとり入れたいと思いますか?」という質問に63%が「そう思う」と回答。そして、「今年の春夏に、フローズンドリンクを楽しみたいと思いますか?」という質問には、全体の78%が「そう思う」、「自宅でフローズンドリンクを手作りしてみたいと思いますか?」という質問には、69%が「そう思う」と回答している。

 ちなみに、「今年の春夏、あなたが飲みたいと思うフローズンドリンクはどのようなタイプのものですか?」と聞いたところ、定番の「コーヒー・エスプレッソ系」(40%)がもっとも人気を集めている。

 増税により“ウチナカ回帰”が進む今年の春夏は、自宅でフローズンを手作りする「おうちフローズン」を楽しむ人が、さらに増えていくと予想される。

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事