ストレス・リラックスのコンディションを簡易に可視化する『Lifescore』の解析ソフトウェア、法人向けに提供開始

サービスのフロー
2014年5月14日(水) 20時00分
サービスのフロー
サービスのフロー
レポート例
レポート例
概要
概要
測定レポートの内容
測定レポートの内容

 WINフロンティアは、超小型ウェアラブル心拍センサを活用した、ストレス・リラックス等のコンディション可視化サービス『Lifescore』の解析ソフトウェアを、クリニック、フィットネスクラブ、ヨガスタジオ、リラクゼーションサロン、ホテル・リゾート等の法人に提供する。

 解析ソフトウェアの提供は6月2日からで、同社はこれまでも、企業向けのメンタルヘルスチェックサービスのひとつや、クリニックやヨガスタジオ向けの付加価値サービスとして、同サービスを直接提供してきたが、今回、同サービスの解析ソフトウェアを法人向けに提供することで、法人会員の健康作りをサポートする。同ソフトウェアは、特別な知識がなくても、だれでも利用可能なソフトウェアである。

 同サービスの流れは、まず、各法人の店舗等にて、心拍センサ『My Beat』を会員に貸し出し、一定時間装着・測定する。その後、各法人で同ソフトウェアを使用したデータの自動解析を行い、測定結果レポートを作成・発行する。そのレポートに基づいて、生活習慣の見直し等のアドバイスにも活用することができる。また、レポートの中で、自律神経バランスを整えるのに有用な、日常生活で簡単にできるアクティビティも紹介している。

 測定レポートで出力される評価項目は、「メンタルコンディション(起きているとき全体、行動ごと、寝ているときの自律神経の状態)」と、「フィジカルコンディション(カラダを動かした時間、姿勢の美しさ)」、そして、「きょうのメンタル×フィジカルバランス」である。特に、利用者がその時々における「行動内容」や「自分のキモチ」を記録しておくと、「どんなときにストレスを感じているか」、「自分のキモチと測定結果にギャップがあるか」等がわかり、隠れたストレッサーを発見できるので、生活習慣の見直しに有用である。

《浦和 武蔵》

関連記事