人工知能を搭載した薄型タイプの「ロボット家電」を発売…シャープ

ロボット家電『COCOROBO(RX-V50)』
2014年5月15日(木) 21時00分
ロボット家電『COCOROBO(RX-V50)』
ロボット家電『COCOROBO(RX-V50)』
自社従来品(RX-V60)と比べて、約20%の薄型化を実現
自社従来品(RX-V60)と比べて、約20%の薄型化を実現
「強力吸じんシステム」を採用
「強力吸じんシステム」を採用
人工知能「ココロエンジン」を搭載
人工知能「ココロエンジン」を搭載

 シャープは、ロボット家電『COCOROBO(RX-V50)』を発売する。

 同商品は、吸じん用のターボファンモーターを横向きに設置するなど、部品の効率的なレイアウトで、自社従来品(RX-V60)と比べて、約20%の薄型化を実現しているという。

 また、毛足の長いサイドブラシと回転ブラシでかき込んだゴミを、ターボファンモーターで吸い込む「強力吸じんシステム」を採用。さらに、人工知能「ココロエンジン」を搭載し、充電が完了すると「回復!」、直進が続くと「通りま~す」など充電量や掃除の状況を音声で知らせてくれる。

 発売日は6月下旬で、希望小売価格はオープンとなっている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事