【WWDC 2014】ウェアラブルデバイスはiOS 8で本格的に普及するか

iOS 8を解説するクレイグ・フェデリギ(ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長) (c) Getty Images
2014年6月4日(水) 20時00分 提供元: RBB TODAY
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
iOS 8を解説するクレイグ・フェデリギ(ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長) (c) Getty Images
iOS 8を解説するクレイグ・フェデリギ(ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長) (c) Getty Images
iOS 8を解説するクレイグ・フェデリギ(ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長) (c) Getty Images
iOS 8を解説するクレイグ・フェデリギ(ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長) (c) Getty Images
iOS 8発表
iOS 8発表
iOS 8発表
iOS 8発表
iOS 8発表
iOS 8発表
WWDC会場となったモスコーニ・ウェスト・センター (c) Getty Images
WWDC会場となったモスコーニ・ウェスト・センター (c) Getty Images

 2日(現地時間)にWWDCで発表されたiOS 8では、新しくHealth機能がフィーチャーされた。

 Health機能は、iOS 8のSDKに追加されたHealthKitによって、アプリにさまざまな健康管理機能を実現するものだ。今後普及が見込まれているウェアラブルデバイスなどと連動して、健康管理やフィジカルトレーニングなどをサポートするアプリやツールが期待される。

 アプリごと、アプリどうしのデータ交換を行うには、ユーザーの承認が必要となるが、たとえば、NikeFuelと連動したNike+アプリでは、睡眠時間や摂取カロリーなどの情報からより高度な健康管理やトレーニング、アドバイスなどが可能になるという。アプリベンダー側には個人情報管理やセキュリティ対策が求められるが、工夫しだいでは、よりパーソナライズされたダイエット、フィットネス、健康管理が可能になり、関連するウェアラブルデバイスの普及に拍車がかかるだろう。

 その他の機能としては、iCloud Photo Libraryが強化され、時間・場所・デバイスを問わず動画や写真へのアクセス自由度が高まっていることが発表された。QuickTypeは、iOSのテキスト入力インターフェイスだが、入力補完、予測候補がよりコンテキストを考慮したインテリジェントなものになっている。とくにユーザーごとの指向やパターンを学習し、パーソナライズされたという。

《中尾真二@RBB TODAY》

関連記事