【小さな山旅】ビギナーに最適、里山テーマパーク・宝篋山(1)

常願寺コースのスタートは、田園風景の中を歩いていく。
2014年6月10日(火) 19時00分 提供元: CYCLE
常願寺コースのスタートは、田園風景の中を歩いていく。
常願寺コースのスタートは、田園風景の中を歩いていく。
今回の山旅に持参したもの。
今回の山旅に持参したもの。
愛用の登山靴。
愛用の登山靴。
宝篋山小田休憩所。
宝篋山小田休憩所。
マップを見ながら、一人作戦会議。
マップを見ながら、一人作戦会議。
宝篋山のマップ。
宝篋山のマップ。
道しるべ。
道しるべ。
池もある。
池もある。
山の中へ。
山の中へ。
看板。
看板。

茨城県つくば市にある宝篋山(ほうきょうさん。通称・小田山)。頂上にある電波塔が目印のこの山は、近年登山者たちの人気を集めている。

◆登山ビギナーのための里山・宝篋山

その理由は、宝篋山が小さいながらも魅力あふれる山だからであろう。宝篋山は、標高461mと低山中の低山ではあるが、6つの登山コースが用意されている。沢の流れるコース、奇岩の多いコース、史跡のあるコース、景色の良いコースなど、どのコースも個性的で歩いていて面白い。登山道は整備され、休憩のためのベンチもあちらこちらに設置してある。道案内の看板も至るところにあり、初心者にも優しく正しい道を示してくれる。

◆スケールの小ささが、可愛らしく、楽しい。

また、看板は道しるべだけでなく、「宝命の滝」「展望岩」などのように滝や岩にも付けられており、これらが何となしに可愛らしく感じられる。看板の付けられた滝や岩は、名所というには少々寂しいものばかりなのだ。どれも小ぢんまりとしていて、スケールが小さい。だが、看板を付けることによって、名所らしく見えてしまい、楽しめてしまうから不思議である。

こうして名付けられた滝や岩、史跡などを巡りながら歩くと、たっぷり一日遊べてしまう。頂上からは筑波山や霞ヶ浦を眺めることができ、空気が澄んだ日であれば富士山の姿を拝むこともできる。危険な場所が少ないため、子どもでも大人でも、誰でも登山が楽しめる宝篋山は、里山のテーマパークといえる。

登山日は5月上旬。新緑が美しいこの季節に、私は無性に宝篋山に登りたくなった。他のどの山でもなく、宝篋山に登りたい。そう思ってしまうのは、宝篋山の小さな魅力にとりつかれているからに違いない。

はたして、今回はどんな旅が待っているのだろうか。期待に胸をふくらませながら、ザックに荷物を詰め込んで、登山道に入った。

《久米成佳@CycleStyle》

関連記事