約5,000匹の金魚が織りなす幻想的なアートアクアリウム、今年も日本橋にて開催

花魁「Oiran」 ※展示イメージの参考画像
2014年6月15日(日) 21時00分 提供元: cinemacafe.net
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
花魁「Oiran」 ※展示イメージの参考画像
花魁「Oiran」 ※展示イメージの参考画像
ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2014 メインビジュアル
ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2014 メインビジュアル
大奥「Ohoku」 ※展示イメージの参考画像
大奥「Ohoku」 ※展示イメージの参考画像
スペシャルイベント「芸者ナイト」の様子
スペシャルイベント「芸者ナイト」の様子
アートアクアリウムプロデューサー木村英智
アートアクアリウムプロデューサー木村英智
キモノリウム「Kimonorium」 ※展示イメージの参考画像
キモノリウム「Kimonorium」 ※展示イメージの参考画像
ナイトアクアリウムのDJパフォーマンス
ナイトアクアリウムのDJパフォーマンス
屏風水槽「Byoburium」 ※展示イメージの参考画像
屏風水槽「Byoburium」 ※展示イメージの参考画像
金魚カクテル(イメージ)
金魚カクテル(イメージ)
万華鏡「Kaleidorium」 ※展示イメージの参考画像
万華鏡「Kaleidorium」 ※展示イメージの参考画像

本格的な夏が到来する7月。古き良き日本の夏の風物詩、金魚をモチーフにした新感覚の水中アート展覧会「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2014 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」が、今年も日本橋三井ホールにて、2014年7月11日(金)から9月23日(火・祝)までの期間も開催される。

「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム」は、昨年50万人もの人が訪れ、約5,000匹もの金魚が織りなす、目と心で「涼」を感じる”アクアリウム”と”アート”を融合させた“アートアクアリウム”の世界を堪能した。

和をモチーフにデザインされた水槽に、LEDライティングやプロジェクションマッピングなど最新の演出技術を施し、見るものを幻想的な世界へ誘う。さらに音楽や香りの演出も加わり、「涼しさ」と「日本の美」が五感で体感できる。

展覧会のプロデュースを手がけるのは、アートアクアリウムの第一人者である木村英智氏。この独自の世界観が結実した展覧会の累計有料入場者数は300万人を突破。今年も進化し続けるアートアクアリウムの世界を展開する新作に人々の期待が高まっている。

展覧会の開催時間は、11時~23時半まで。19時からはナイトアクアリウムとなり、音楽や照明の演出が変わり、ドリンクを片手に作品の鑑賞ができる。ドリンクは、オリジナルの「金魚カクテル」を始め、日本酒「獺祭(だっさい)」、「モヒート」、「ビール」などを用意している。(ドリンクの注文は任意)

また土曜日・祝前日にはスペシャルライブやDJパフォーマンス、また普段みることができない芸者衆の踊りや遊びが楽しめるスぺシャルイベント「芸者ナイト」なども開催予定。料金は、大人ひとり1,000円、子ども(小学生以下)600円、3歳以下 無料となっている。

なお展覧会開催期間中、日本橋地域では、夏の涼を楽しみ、江戸時代の人々の知恵と工夫を体感する夏のイベント「ECO EDO 日本橋 2014」を開催予定だ。あわせてチェックして、夏の日本橋散歩を楽しみたい。

《text:Miwa Ogata》

関連記事