ADDICTIONの秋冬コスメは、小津安二郎『東京物語』から美の原点に迫る

「アディクション アイシャドウ」(左から)スプリングスノー、フローティングウィーズ、ノオ、トレジャーマウンテン
2014年6月23日(月) 16時00分 提供元: Fashion Headline
「アディクション アイシャドウ」(左から)スプリングスノー、フローティングウィーズ、ノオ、トレジャーマウンテン
「アディクション アイシャドウ」(左から)スプリングスノー、フローティングウィーズ、ノオ、トレジャーマウンテン
「アディクション アイシャドウ」(左から)エクイノックスフラワー、レイトスプリング、ペイソス、ジアフェア
「アディクション アイシャドウ」(左から)エクイノックスフラワー、レイトスプリング、ペイソス、ジアフェア
「アディクション ブラッシュ」(上)エンパイアパッション、(下)アーリーサマー
「アディクション ブラッシュ」(上)エンパイアパッション、(下)アーリーサマー
「アディクション ブラッシュ」(上)プリンセスゴウ、(下)オータムアフタヌーン
「アディクション ブラッシュ」(上)プリンセスゴウ、(下)オータムアフタヌーン
「アディクション ネイルポリッシュ」(左)ダブルスーサイド、ブルームーン(右)
「アディクション ネイルポリッシュ」(左)ダブルスーサイド、ブルームーン(右)
アディクション リキッド アイライナー
アディクション リキッド アイライナー
アディクション フィルム マスカラ ロング&セパレート
アディクション フィルム マスカラ ロング&セパレート
アディクション リキッド アイブロウ
アディクション リキッド アイブロウ

「アディクション(ADDICTION)」の14-15AWメイクアップコレクションは、小津安二郎監督映画『東京物語』からインスパイアされ、「Tokyo Story」をテーマとした新色アイテムをそろえた。また、今年でデビュー5周年を迎えるということで、クリエーティブディレクターAYAKOの「日本人女性として、原点に戻り美を表現したい」という思いから、新しい日本美を提案するコレクションとなった。キャンペーンモデルは、外見、生き方共にブランドと共鳴するとAYAKOが絶賛する福島リラが務めた。

切れ長の目元を強調する「アディクション リキッド アイライナー」(各2,800円)は、赤紫色の「トウキョウストーリー」や、抹茶のような苔色の「リキュー」など、深みのある古典的な色合いで全6色のラインアップ。この切れ長な目元にマッチすることにこだわった「アディクション フィルム マスカラ ロング&セパレート」(3,200円)は速乾性のある成分を配合しており、ベタつきを軽減。まつげ同士をくっつきにくくして、均一に仕上げる。両アイテム共、お湯でオフすることが出来るのが特徴。

「アディクション アイシャドウ」(各2,000円)は繊細な色と質感にこだわった。鶯色の「トレジャーマウンテン」、山吹色の「エクイノックスフラワー」、黒檀色の「ペイソス」など、詫・寂を感じさせるカラーで全8色が新たに加わる。あえて頬紅と呼びたい「アディクション ブラッシュ」(各2,800円)は全4色で、艶やかな朱色の「エンパイアパッション」や、夕焼けのような橙色の「アーリーサマー」などが目を引く。「アディクション ネイルポリッシュ」(各1,800円)は、深紅色の「ダブルスーサイド」と紺青色の「ブルームーン」全2色が登場。これらのアイテム全て日本の着物からインスパイアされたという。

他にも「アディクション リキッド アイブロウ」(各2,200円)に新色2色が登場。いずれのアイテムも8月1日から発売。

《編集部》

関連記事