広告

ジョニー・デップに訊く!“頭脳をインストール”愛ある行動に意外な結果『トランセンデンス』

『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
2014年6月25日(水) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 - Peter Mountain (c) 2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 - Peter Mountain (c) 2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 -(C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 -(C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』ポスタービジュアル (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
『トランセンデンス』ポスタービジュアル (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
ジョニー・デップ/『トランセンデンス』 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ジョニー・デップが人類を“超越”した近未来の科学者に扮するSF超大作『トランセンデンス』。クリストファー・ノーランが製作総指揮、『インセプション』でアカデミー賞「撮影賞」を受賞したウォーリー・フィスターが初監督を務める本作は、今後40年以内に実現すると言われているコンピューターが人類の知性を超える“超越”現象(トランセンデンス)が大きなテーマだ。

近未来のある日、反テクノロジーの過激派組織の凶弾に倒れてしまった、科学者のウィル(ジョニー・デップ)。彼の死の際、妻のエヴリン(レベッカ・ホール)は夫の頭脳をスーパーコンピュータへインストールされる。死すべき運命だったウィルの意識は、コンピュータの中で生かされることに。200万年もの人類の進化を一瞬で超越し、軍事機密・金融・政治から個人情報に至るまで、あらゆる情報と知識を有したコンピュータの中の“天才的科学者”は、想像を絶する進化をし始める…。

妻のエヴリンは“夫を救いたい”という一心で彼の頭脳をコンピューターにインストールし始めるという愛があるゆえの行動をとる。本作のキャストに「愛する人の意識だけでも救えるとしたら、コンピュータに頭脳をインストールしますか? あなたならどこまでやりますか?」と問いかけると意外な答えが返ってきた。

主演のジョニーは、「どこまででもだ。もちろんモラル上の問題はある。僕自身、テクノロジーは理解をはるかに超えて進歩し過ぎてしまっているように感じる。ただ、大切な人を救うためであれば、一瞬のためらいもなしに、その人の意識をインストールする。誰でもきっと同じ行動をとるんじゃないかな」と答える。

一方、ウィルとエヴリンの恩師であるジョセフ・タガー役のモーガン・フリーマンは「インストールしようとは思わない。あんなものは、人生じゃない。寿命を延ばすわけでもない。頭脳を生かすだけだ。だれかの意識をインストールしたところで、それは違った存在になってしまう。だいたい、愛する人をそんな風に保存したい気持ちが分からない。そもそも、どうしてその人を愛したんだい? 愛する人をコンピュータにインストールしたら、それは愛する人じゃなくてマシンだ。適切とは思えないね」と大反対! 

もちろん、ウィルのように自分自身のインストールされることについても、「それはごめんだ。どんな理由であれ、(ウィルのように)頭にはなにも刺されたくないからね(笑)」と話した。

これについてはジョニーもモーガンと同意見のようで、「翌朝起きて、深呼吸をして、散歩をするだけで、この世は素晴らしい。永遠の命や、それに近いものを提供されたとしても、欲しくない。ただ、ゆっくりとシンプルに消えていきたいね」と、たとえ家族と別れることになってもインストールを拒否するそうだ。

エヴリンを演じたレベッカ・ホールは、「自分がどうするかは、同じ状況にならないと分からないわ。エヴリンがそうすることは理解できる。でも、間違いなく、それをやるのはクレイジーなことよね。でもそうなったら迷わずに決断すると思う」と語った。

誰もが自分に置き換えて考えることができるドラマチックなテーマの本作。大事な人のことを思い浮かべ「もしも自分だったら…」と想いをめぐらして観てみては?

『トランセンデンス』は6月27日(金)に先行上映。6月28日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告