広告

ペルセウス座流星群、8/12夜は広い範囲で観測のチャンス…全国7か所から生中継も

ペルセウス座流星群の「流星見えるかなマップ」
2014年8月8日(金) 22時00分 提供元: リセマム
ペルセウス座流星群の「流星見えるかなマップ」
ペルセウス座流星群の「流星見えるかなマップ」
ペルセウス座流星群キャンペーン「夏の夜、流れ星を数えよう2014」
ペルセウス座流星群キャンペーン「夏の夜、流れ星を数えよう2014」

 8月12日夜に観測ピークを迎えるペルセウス座流星群について、ウェザーニューズは当日の天気予報を発表した。広い範囲で、雲のすき間から流星を見ることができそうだという。流星の模様は全国7か所から生中継され、見えた流星を報告するキャンペーンも展開される。

 ウェザーニューズによると、ペルセウス座流星群の観測に適している時間帯は、8月12日午後8時~13日午前4時ごろ。この間、北海道以外の地域では、所々で雲が広がるものの、夜遅い時間ほど雲が少なくなる。一部で雨の可能性もあるものの、降るのは比較的短時間であるため、雲のすき間から流星を観測できそうだという。

 ただ、北海道では低気圧や前線の影響から曇りや雨となり、流星観測には難しい気象条件となりそう。台風の進路により、見えるエリアが変化する可能性もあるため、特設ページなどで最新の情報を確認するとよさそうだ。

 ウェザーニューズでは12日午後11時から、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で全国7か所のペルセウス座流星群の様子を生中継。流星動画や観測者コメントをリアルタイムで放送する。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やパソコン、テレビ(BS 910Ch)でも視聴できる。また、ニコニコ生放送でも観測中継を予定している。

 国立天文台では、ペルセウス座流星群キャンペーン「夏の夜、流れ星を数えよう2014」を展開。11日夜から14日朝までの間に見えた流星をインターネットで全国から報告してもらい、集計速報結果を随時紹介していく。キャンペーンページでは、観察のコツや注意点、流星の見分け方、報告の仕方なども解説している。

《奥山直美@リセマム》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告