お台場レゴランド、特別教室で「はやぶさ」「火星の世界」をレゴで作ろう

レゴブロックで楽しむ宇宙
2014年8月15日(金) 16時00分 提供元: リセマム
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
レゴブロックで楽しむ宇宙
レゴブロックで楽しむ宇宙
レゴブロックで楽しむ宇宙
レゴブロックで楽しむ宇宙
レゴブロックで楽しむ宇宙
レゴブロックで楽しむ宇宙

 お台場の「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」では、親子を対象とした夏休み企画「レゴブロックで作る火星の世界」が9月14日まで開催される。イベントは、レゴブロックで「はやぶさ」と「火星の世界」を組み立てる内容となっている。

 レゴランドでは、レゴ職人のマスター・ビルダーやスタッフと作品を作る「マスタービルダーワークショップ(レゴ教室)」を行っているが、8月1日から14日まで、夏休みの特別企画として「レゴブロックで作る火星の世界」を開催。火星をテーマに自由に作品を作る特別クラスで、期間中の毎日2回(各回60分・親子25組50名)実施する。火星の生物や草花、宇宙船や家など、子どもたちによるブロック作品は毎日、同館の公式Facebook上で紹介される。

 さらに、東京の町並みをレゴブロックで再現したジオラマ「ミニランド」内に隠された「宇宙飛行士」のミニフィグを探し出すゲームも同時開催。正解者には抽選でレゴランド・ディスカバリー・センター東京の年間パスポートやレゴ商品、宇宙グッズがプレゼントされるという。

《水野こずえ@リセマム》

関連記事