広告

宇宙帰りのウイスキー「アードベック」が味わえる限定バーが銀座にオープン

スペース・ミント・ジュレップ
2014年8月28日(木) 12時00分 提供元: Fashion Headline
スペース・ミント・ジュレップ
スペース・ミント・ジュレップ
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
シングルモルトアンバサダーのロバート・ストックウェル氏
シングルモルトアンバサダーのロバート・ストックウェル氏
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
B.I.G(ビルズ アイラ ギャラクシー)
B.I.G(ビルズ アイラ ギャラクシー)
「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」で提供されるフードメニュー
「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」で提供されるフードメニュー
プラネット・ピート
プラネット・ピート
スペース・ミント・ジュレップ
スペース・ミント・ジュレップ
スペース・ミント・ジュレップ
スペース・ミント・ジュレップ
ブラック・ホール
ブラック・ホール
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
オリジナルスモーク料理も提供
「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」で提供されるフードメニュー
「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」で提供されるフードメニュー
ピート・チャージ
ピート・チャージ
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
ポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」が銀座にオープン
シングルモルトアンバサダーのロバート・ストックウェル氏
シングルモルトアンバサダーのロバート・ストックウェル氏

モエ・ヘネシー・ディアジオ(MHD)は8月26日、シングル・モルト・ウイスキー「アードベック(ARDBEG)」の限定カクテルを提供するポップアップバー「ARDBEG SPACE BAR on Planet Peat」を銀座「B.E.HOUSE HIBIYA Bar」(東京都中央区銀座5-6-5NOCO7階)にオープンした。9月14日まで。

1815年にスコットランド・アイラ島で誕生したアードベックは、2012年から“初めて宇宙を旅するウイスキー”として現在ISS(国際宇宙ステーション)にて宇宙実験を行っている。同プロジェクトは、アードベックから抽出した分子と、焦がした樽の木片をロケットに搭載してISSまで運び、無重力状態でウイスキーの熟成経過を観察。同時に地上の蒸留所と、研究施設で勧めている観察結果を比較することにより、ウイスキーの樽熟成に重力が与える影響を解明するというもの。そしていよいよこのミッションを終えたアードベックが9月に地球へ帰還する。

今回のポップアップバーの空間は、その宇宙実験とアードベックの味の特徴であるスモーキーさがテーマ。アードベック定番のウイスキー3商品「アードベック10年」「アードベック ウーガダール」「アードベック コリーヴレッカン」の比較テイスティングに加え、日比谷バーと共同開発したアードベックをベースとしたカクテルを味わうことが出来る。

提供されるカクテルは全5種類。アードベックをライムとジンジャエールで割り、黒ゴマをブレンド。そして最後に泡をトッピングした「ブラック・ホール」(950円)や、グレープキャンディーの入ったグラスに移し変えて飲む「プラネット・ピート」(950円)、ドライアイスをグラスに入れ、煙を発生させて提供されるフローズンタイプの「スペース・ミント・ジュレップ」(1,050円)の他、大人数でシェアするパンチカクテル「B.I.G(ビルズ アイラ ギャラクシー)」(1万円)や、同店でのイベント開催時に数量限定で配られる、宇宙食のようなパッケージのアドベックゼリー「ピート・チャージ」(500円)など、目で見ても楽しめる斬新なメニューがラインアップ。また、それらのお酒に合ったオリジナルスモーク料理も提供される。

25日のプレオープンに来店した、シングル・モルト・アンバサダーを務めるロバート・ストックウェル氏は「世界を旅した、最もピーティーでスモーキーな “究極のアイラ・モルト・ウイスキー”を多くの方に味わって欲しい」とコメント。アードベックは、製造工程の中で原料となる大麦麦芽を乾燥させる燃料として、ピート(泥炭)が使われており、独特で複雑な風味を味わえることが特徴だ。

営業時間は、バータイムは17時から23時30分、カフェタイムはシングルモルトセミナーが開催される9月1日、5日、10日、11日以外の14時から17時まで。

《編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告