広告

文科省、学校に冬季の節電を要請…12月より3月末まで

学校でできる省エネ
2014年11月9日(日) 18時00分 提供元: リセマム
学校でできる省エネ
学校でできる省エネ
学校施設における省エネルギー対策について
学校施設における省エネルギー対策について

 文部科学省は10月31日、2014年度冬季の電力需給対策について、教育委員会や学校に対して節電に取り組むよう通知した。節電の目安は、2010年度最大電力比として、東京電力管内がマイナス7.7%、関西電力管内がマイナス4.8%などの数値を見込んでいる。

 政府は第三者の専門家による検証を行うための「電力需給検証小委員会」を開催し、検証を行った。2014年度冬季の電力需給は、いずれの電力管内でも電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通しであるという。

 節電の目安は、2010年度最大電力比として、北海道電力管内がマイナス4.7%、東北電力管内がマイナス2.1%、東京電力管内がマイナス7.7%、中部電力管内がマイナス2.3%、関西電力管内がマイナス4.8%、北陸電力管内がマイナス2.8%、中国電力管内がマイナス1.3%、四国電力管内がマイナス4.6%、九州電力管内がマイナス3.7%を見込んでいる。なお、沖縄電力管内は特段の対応を求められていない。

 学校施設では、教育研究活動などへの影響を極力回避した無理のない形で、確実に行われるよう節電に取り組むよう呼びかけている。ただし、具体的な数値目標は設けない。

 節電期間は、2014年12月1日(月)~2015年3月31日(火)の平日(ただし、12月29日~31日および1月2日を除く)の9時~21時(北海道電力および九州電力管内については8時~21時)。

 節電の参考資料として、小学校・中学校版「学校でできる省エネ」、「大学等における省エネルギー対策の手引き及び事例集」、教職員向け「学校施設における省エネルギー対策について」などを文部科学省のホームページに掲載している。

《工藤めぐみ@リセマム》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告