ざわちんの美肌は「フィリピン料理」のおかげ? 母親と一緒にクッキング!

イベントに登場した、ざわちんとママちん
2014年11月10日(月) 20時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
イベントに登場した、ざわちんとママちん
イベントに登場した、ざわちんとママちん
トーク中のざわちん
トーク中のざわちん
ざわちんとママちん
ざわちんとママちん
駐日フィリピン大使のロペス氏は、ざわちんよりママちんのほうが綺麗だと答えていた
駐日フィリピン大使のロペス氏は、ざわちんよりママちんのほうが綺麗だと答えていた
ざわちんとママちんが、フィリピン料理を作っているところ
ざわちんとママちんが、フィリピン料理を作っているところ
ざわちんとママちんが一緒に、フィリピン料理「トロン」を作っている様子
ざわちんとママちんが一緒に、フィリピン料理「トロン」を作っている様子
ざわちんとママちんが、フィリピン料理「トロン」を揚げる前に、巻いたものを披露
ざわちんとママちんが、フィリピン料理「トロン」を揚げる前に、巻いたものを披露
ざわちんとママちんが、二人で作ったフィリピン料理を試食しているところ
ざわちんとママちんが、二人で作ったフィリピン料理を試食しているところ
左から、ママちん、ざわちん、駐日フィリピン大使のマヌエル・モレノ・ロペス氏
左から、ママちん、ざわちん、駐日フィリピン大使のマヌエル・モレノ・ロペス氏
ざわちんとママちんが挑戦したフィリピン料理の見本
ざわちんとママちんが挑戦したフィリピン料理の見本
フィリピン料理「アドボ・バーボイ(豚肉の煮込み、なすのサラダ、ライス)」
フィリピン料理「アドボ・バーボイ(豚肉の煮込み、なすのサラダ、ライス)」
フィリピン料理「シニガン・ナ・ヒーポン(酸味の効いたエビのスープ)」
フィリピン料理「シニガン・ナ・ヒーポン(酸味の効いたエビのスープ)」
フィリピン料理「トロン(バナナの春巻き)」
フィリピン料理「トロン(バナナの春巻き)」

 11月10日、都内にて『ざわちん、ママちんのフィリピン料理クッキング教室』が開催された。

 同イベントは、フィリピン政府観光省東京支局が主催となり、フィリピンの食文化や観光名所などをアピールするために行われたもの。

 会場となった、ABCクッキングスタジオ 丸の内グラウンドには、駐日フィリピン大使のマヌエル・モレノ・ロペス氏が登場し、フィリピンの魅力を紹介。その後、ものまねメイクで注目を集めているタレントのざわちんと、ざわちんの母でフィリピン人の“ママちん”が現れた。

 マスクをつけず、ナチュラルメイクで登場したざわちん。司会者から、肌の美しさを褒められたざわちんは「自分より年齢が倍なのに、もっと褒められているライバルがいる」と言いながら、母親であるママちんを紹介。そこで司会者が、駐日フィリピン大使のロペス氏に、ざわちんとママちんのどちらが綺麗か問うと、駐日フィリピン大使は「ママちんの方が綺麗」と答え、会場がどよめいた。

 また、司会者から美肌の秘訣を尋ねられた二人は「フィリピン料理のおかげかも」とコメント。特にざわちんはお肉が大好きらしく、中でも特別な日に作るフィリピンの肉料理「ハモナド」が大好物なのだとか。

 一方、ママちんは、出身国のフィリピンで日常的に食されているフルーツが好きで、ビタミンCを豊富に摂れる果物をスムージーにし、美容と健康のために飲んでいるという。

 今回のイベントでは、料理講師のサポートを受けながら、ざわちんとママちんがフィリピン料理3品(アドボ・バーボイ/シニガン・ナ・ヒーポン/トロン)を、その場で調理。ふだん料理をしないというざわちんだが、ママちんの助けを借りながら、楽しげに調理を進行。完成した料理を食べて「おいしい!!」と言い、案外簡単だったので、今後友達が来た時に作ってあげたいと、料理作りへの意気込みを語った。

 さらにざわちんは、フィリピンのオススメスポットとして「ボラカイ島」をあげ、真っ白できめ細かい砂浜がある“ホワイトビーチ”の美しさを伝えたあと、「みなさんにもっとフィリピンを知ってもらいたい! フィリピンの観光大使になりたい!」と、力強くアピールしていた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事