三つ星シェフのハインツ・ベック、丸の内にレストラン2店舗オープン。制服はコシノジュンコ

カンパチのホワイトバルサミコのマリネ ザクロの粉雪
2014年11月11日(火) 19時00分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
カンパチのホワイトバルサミコのマリネ ザクロの粉雪
カンパチのホワイトバルサミコのマリネ ザクロの粉雪
ファゴッテリ ハインツ ベック
ファゴッテリ ハインツ ベック
ピスタチオのクロスタを纏った牛フィレ肉 タマネギとドライフルーツ詰め
ピスタチオのクロスタを纏った牛フィレ肉 タマネギとドライフルーツ詰め
赤い果実の冷製スフェラ お茶のクリーム 結晶化したラズベリー
赤い果実の冷製スフェラ お茶のクリーム 結晶化したラズベリー
ハインツ・ベック氏
ハインツ・ベック氏
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内
ハインツ・ベック店内

ミシュランで数々の星を受賞してきたイタリア料理界の巨匠ハインツ・ベックが11月7日、東京・丸の内にレストランを2店舗同時にオープンした。

自身の名を冠するのは初めてという「ハインツ ベック」は、イノベーティブな料理を提供するファインダイニング。オリジナル料理に加え、日本人に向けた新作の創作料理「燻製した帆立貝と赤ビーツのチップス」や「香草とスプラウトのサラダ 菊芋・マンゴー・ピスタチオのピューレ」も用意した。

看板メニューの「9皿のコース」(1万9,000円)は昼夜問わずにオーダー出来、ドライアイスを敷き詰めた「カンパチのホワイトバルサミコのマリネ ザクロの粉雪」、ラヴィオリのような形状のパスタにカルボナーラソースを詰めた「ファゴッテッリ ハインツ ベック」など、シェフのアーティスティックな感性が詰め込まれたメニューの数々が楽しめる。

他にも、ランチ限定で提供される4皿のコース(8,000円)の他、アラカルトでのオーダーにも対応。ドレスコードとして、男性には上着や襟付きシャツの着用を薦めている。

一方、現代風イタリアンを提供するオールデイダイニング「sensi by Heinz Beck」では、“美食と健康”を追求したカジュアルな料理を提供。ランチは前菜、パスタorセコンド、ドルチェのコースが2,600円から。ディナーは前菜、パスタ、主菜、デザートのコースが4,500円からオーダー出来る。また、14時から17時までは、フィンガードルチェやフードがソフトドリンクやシャンパンとセットで楽しめるティータイムメニューを用意しているのも特徴。

両ダイニングともにコスチュームデザインはコシノジュンコが担当。店舗デザインはポール・スチュアート青山店やアップルストアの全米展開などを担当した、植木莞爾が手掛けている。

シェフのハインツ・ベック氏は「丸の内は非常に美しく歴史のある土地。日本を感じるこの土地の魅力に引かれ、オープンを決めた。この地で最高のパフォーマンスをするために、初めて長期間ローマの店舗を離れ、日本での開業に向けて準備を進めてきた」とコメントしている。

地下鉄大手町駅から直結している日本生命丸の内ガーデンタワー内という好立地もあり、雨の日なども濡れる心配なく東京観光がてらに立ち寄るのもアリだろう。

《HEW》

関連記事