ベルギー「BbyB.」、チョコ浮かぶショップを銀座にオープン。nendoデザイン

ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
2014年12月2日(火) 12時00分 提供元: Fashion Headline
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
バルト・デスミット(Bart Desmid)と、ショコラティエのヤン・ヴェルレイエ(Jan Verleye)
バルト・デスミット(Bart Desmid)と、ショコラティエのヤン・ヴェルレイエ(Jan Verleye)
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」
ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」

ベルギー発のチョコレート専門店「ビーバイビー(BbyB.)」が11月29日、銀座に日本初の直営店をオープンした。住所は東京都中央区銀座3-4-5。

ビーバイビーはベルギー北部にある2つ星レストラン「バルトロミューズ」のシェフ、バルト・デスミット(Bart Desmid)のインスピレーションと、ショコラティエのヤン・ヴェルレイエ(Jan Verleye)とのコラボレーションから生まれたチョコレート専門店。バルトロミューズのデザートメニューをチョコレートの中に凝縮させ、“Chefチョコ”という新たなカテゴリーを創り上げた。そのフレーバーは全部で28種類に及び、さわやかなフルーツや香ばしいナッツの他、“パッションフルーツ&バジル”“ストロベリー&ペッパー&レモン”など、個性豊かなラインアップとなっている。

見た目よりもフレーバーの違いを楽しんでほしいという想いから、チョコレートの外見はどれも同じスティック状に統一。1口食べれば口の中でチョコレートとデザートのフレーバーが混ざり合い、その外見に見合わないサプライズな味わいを堪能出来る。

初めてビーバイビーのチョコレートを食べる人にも選びやすいように、銀座店では全5種類のセレクションが展開される。大小2種類のパッケージとなる「The Chefs Favorites」と「Favorites of the Chef」は、シェフお気に入りのフレーバーを集めたチョコレート通に人気のセレクション。他にも、昔から多くの人に親しまれてきたフレーバーをチョイスした「The Classic」、ダークチョコレートをチョイスした「The Black」、ビーバイビーのフレーバーの中から人気の高いものをピックアップした「The Golden」などをラインアップ。シェフが日本になじみ深い食材からインスピレーションを得たという「The Japan Box」も、どんな味わいに仕上がっているのか非常に興味深い。

各セレクションは「Collections」(2,600円)と「Boxes」(6,500円)の二つのパッケージで提供される。「Collections」は10個入りのアソートコレクションで、「Boxes」は1箱5個入りの「Sleeves」(各1,300円)が5箱セットになったもの。なお、「The Japan Box」は「Boxes」のみの扱いとなる。更にオリジナルパッケージをオーダー出来る「BbyB. For Business to Business」も展開しており、贈り物としても活躍しそうだ。

ショップデザインはnendoの佐藤オオキが手掛けた。ビーバイビーのパッケージをヒントに、店舗の中央に“チョコレートが浮遊する透明な引き出し”を設置。訪れた人が自らの手で商品を引き出しながら選ぶことで、パッケージの世界観をそのまま具現化した。奥に進むに従って透明な引き出しはチョコレートを陳列するショーケースに変化し、更にカフェ用の黒いカウンターテーブルへと変身する。ショップからパッケージ、チョコレートを食べるまでの行為が連続し、より一体的な体験となることを目指したという。

《HEW》

関連記事