広告

【特報映像】樹木希林が“人生”問う…「やり残したことは、ありませんか?」

主演作『あん』での樹木希林/(C) 映画「あん」製作委員会
2015年1月6日(火) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
主演作『あん』での樹木希林/(C) 映画「あん」製作委員会
主演作『あん』での樹木希林/(C) 映画「あん」製作委員会
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
樹木希林/『あん』製作発表会見
樹木希林/『あん』製作発表会見
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見
樹木希林&河瀬直美(監督)/『あん』製作発表会見

“カンヌの常連”河瀬直美監督が、樹木希林を主演に迎えて贈る最新作『あん』から、初の映像となる特報映像が解禁。2014年には「旭日小綬章」を受章した大ベテランの樹木さんが、本作の特報で初のナレーションを務めていることが分かった。

あるきっかけで刑務所暮しを経験し、縁あって、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎。ある日、その店の求人募集の貼り紙を見て働きたいと懇願する老女・徳江(樹木さん)が現れる。彼女が作る粒あんはあまりに美味しく、瞬く間にどら焼きは人気商品となり、店はみるみるうちに繁盛していく。また、いつも潰れたどら焼きだけをもらいに通っていた近所の女子中学生・ワカナも、次第に徳江と心を通わせていった。

だがある日、徳江が昔、ハンセン病を患っていたことが近所の噂になり、事情を察した徳江は店を去る。今、徳江はどうしているのだろう…? それぞれの想いを抱え、千太郎とワカナは徳江の足跡を探すことに…。

原作は、河瀬監督の『朱花の月』にも出演しているドリアン助川の同名小説。河瀬監督が原作モノの映画化に挑むのは初となる。主演を務めた樹木さんは、2008年に「紫綬褒章」を受賞し、2013年には『わが母の記』で日本アカデミー賞「最優秀主演女優賞」を受賞。全身がんであることを告白しながらも仕事は継続しており、年末のスペシャルドラマではお笑い芸人の又吉直樹(ピース)とも異色のコンビで絶妙な掛け合いを見せていた。

本作では、小さなどら焼き屋を舞台に、人々の心をホッと和ませる粒あんを作るひとりの老女の姿を熱演。初の映像となった今回の特報でも、「やり残したことは、ありませんか?」と問いかける樹木さんの実生活とも重なる語りと、グツグツと煮える小豆や出来たてのどら焼き、そして、そのどら焼きを手に「おいしい…」とつぶやく劇中のワンシーンが納められている。



製作発表会見では「遺作になることを望まれている」とジョークにしながらも、渾身で挑んだ本作。樹木さん以外にも豪華共演者が名を連ねているというから、続報にも注目だ。

『あん』は6月、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告