ケロッグ『フルーツグラノラ ハーフ』、ブルーベリーとマンゴーをプラスしてリニューアル

フルーツグラノラ ハーフ
2015年1月8日(木) 13時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
フルーツグラノラ ハーフ
フルーツグラノラ ハーフ
「フルーツグラノラ ハーフ」に入れて欲しいフルーツ
「フルーツグラノラ ハーフ」に入れて欲しいフルーツ
脂質量の比較
脂質量の比較
製品概要
製品概要
「ケロッグ フルーツグラノラ」シリーズの各製品
「ケロッグ フルーツグラノラ」シリーズの各製品

 日本ケロッグ合同会社は、低脂肪のフルーツグラノラである『フルーツグラノラ ハーフ』に、ブルーベリーとマンゴーを加えてリニューアルし、2月上旬より、全国のスーパー、ドラッグストア、コンビニエンストア等において順次発売する。

 同商品を食べている消費者に対してアンケートを実施したところ、“「フルーツグラノラ ハーフ」に入れて欲しいフルーツ”として要望が多かったのは、甘酸っぱいベリー系やマンゴーであることがわかった。そこで今回のリニューアルでは、この声にこたえ、新たにブルーベリーとマンゴーを加え、3種のベリー(ストロベリー、ブルーベリー、クランベリー)とレーズン、マンゴーで、彩りも豊かになった。

 同商品は、水溶性食物繊維が多く含まれる「大麦」を主原料に、配合する油脂をできる限りカットした仕上げが特徴である。一食(40g)あたりの脂質はわずか0.8gで、同社の「厳選素材 フルーツグラノラ」と比較して50%以上脂質をカットしている。

《浦和 武蔵》

関連記事