シェフが厳選した、佐賀県産の野菜・鮮魚・豚などを満喫!…「ごちそう佐賀フェア」開催中

佐賀県産の野菜(ナス、アスパラガス、トマト)
2015年1月16日(金) 19時18分
佐賀県産の野菜(ナス、アスパラガス、トマト)
佐賀県産の野菜(ナス、アスパラガス、トマト)
用賀倶楽部のランチメニュー「肥前さくらポークのローズソルト岩塩焼き 茄子のグラタンとアスパラガス添え」(1,200円)
用賀倶楽部のランチメニュー「肥前さくらポークのローズソルト岩塩焼き 茄子のグラタンとアスパラガス添え」(1,200円)
用賀倶楽部のディナーメニュー「限界灘より直送のアラカブとくま海老の豆乳スープ仕立て」(1,500円より)
用賀倶楽部のディナーメニュー「限界灘より直送のアラカブとくま海老の豆乳スープ仕立て」(1,500円より)
碑文谷テラスのランチメニュー「玄界灘の天然鮮魚のポワレ 佐賀県産アスパラガスのソース」(1,700円)
碑文谷テラスのランチメニュー「玄界灘の天然鮮魚のポワレ 佐賀県産アスパラガスのソース」(1,700円)
碑文谷テラスのディナーメニュー「佐賀県産 玄界灘直送 鮮魚の盛り合わせ」(1,500円より)
碑文谷テラスのディナーメニュー「佐賀県産 玄界灘直送 鮮魚の盛り合わせ」(1,500円より)
パームスカフェのランチメニュー「ふもと赤鶏のグリル 柚子胡椒風味のタルタルソース 黒ニンニクバンズ」(1,200円)
パームスカフェのランチメニュー「ふもと赤鶏のグリル 柚子胡椒風味のタルタルソース 黒ニンニクバンズ」(1,200円)
パームスカフェのディナーメニュー「ふもと赤鶏のドラムスティックとレンコンのフリット」(900円)
パームスカフェのディナーメニュー「ふもと赤鶏のドラムスティックとレンコンのフリット」(900円)
3店共通のアルコールドリンク「和モヒート レモン添え」(500円)
3店共通のアルコールドリンク「和モヒート レモン添え」(500円)
3店共通のスイーツ「さがほのか苺豆乳プリン」(540円)
3店共通のスイーツ「さがほのか苺豆乳プリン」(540円)
ディナータイムの乾杯用サービスドリンク(左は日本酒、右はみかんジュース)
ディナータイムの乾杯用サービスドリンク(左は日本酒、右はみかんジュース)
用賀倶楽部の店舗入り口では、佐賀県産の食材を使ったオリジナルレシピを配布
用賀倶楽部の店舗入り口では、佐賀県産の食材を使ったオリジナルレシピを配布
佐賀県産の食材を使ったオリジナルレシピ
佐賀県産の食材を使ったオリジナルレシピ

 去る1月15日、都内にて『ごちそう佐賀フェア ~SAGA Cafe 2015~ プレス内覧会』が実施された。

 同内覧会は、佐賀県産の食材をアピールするために行われたもの。

 今回のイベントでは、都内の3店舗限定で開催される「ごちそう佐賀フェア ~SAGA Cafe 2015~」の特別メニューやデザート、ドリンクが紹介された。

 同フェアの特徴は、カフェ&ダイニング3店舗(用賀倶楽部/碑文谷テラス/パームスカフェ自由が丘)のグランドシェフたちが厳選した、佐賀県産の食材を使ったオリジナルメニューを食べられるところ。

 グランドシェフたちは、自ら佐賀県を訪れ、農家や漁師の人たちの声を聞き、野菜を栽培したり、漁をしている人たちの思いや、その土地ならではの魅力を実感したうえで、佐賀の味覚を味わえる特別メニューを考案したという。

 店舗によって提供メニューは異なるが、上質な肉質のブランド豚「肥前さくらポーク」の岩塩焼きや、九州の玄界灘から直送された鮮魚の盛り合わせ、佐賀県の里山で育ったブランド鶏「ふもと赤鶏」を使ったボリューム満点のハンバーガーなどをオーダーできる。

 また、佐賀県はレンコンの産地としても知られているが、今回のフェアで使われている佐賀県産のアスパラガス、ナス、トマトにも注目。どの野菜も甘味があり、柔らかく、素材そのものの旨みが料理の美味しさを引き立てている。

 このほか、3店舗共通で「さがほのか苺豆乳プリン」のスイーツと、「和モヒート レモン添え」のアルコールドリンクを用意。さらに、昨年の6月に全国で初めて制定された「佐賀県日本酒で乾杯を推進する条例」を記念し、ディナータイムの乾杯用ドリンクとして、日本酒(古伊万里酒蔵・前純米酒)かジュース(佐藤農場の有機みかんジュース)のいずれかを1杯無料で楽しめる。

 なお、「ごちそう佐賀フェア ~SAGA Cafe 2015~」は1月15日~2月14日まで開催される。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事