広告

アクセサリー、ジュエリーの最新トレンドを発信する「ガールズジュエリー東京」が開催

各ブースはゆとりの広さ。一つひとつの商品をゆっくりと眺めることができる
2015年1月24日(土) 11時00分 提供元: Fashion Headline
各ブースはゆとりの広さ。一つひとつの商品をゆっくりと眺めることができる
各ブースはゆとりの広さ。一つひとつの商品をゆっくりと眺めることができる
ガールズ世代の女性ターゲットに向けて、ピンク色の背景にスタイリッシュなフォントでアピール
ガールズ世代の女性ターゲットに向けて、ピンク色の背景にスタイリッシュなフォントでアピール
精巧なつくりに思わずため息が漏れそう
精巧なつくりに思わずため息が漏れそう
ボヘミアン調のアイテムは今年の狙い目!
ボヘミアン調のアイテムは今年の狙い目!
耳が痛くなりにくいイヤーアクセは、バイヤーも注目!
耳が痛くなりにくいイヤーアクセは、バイヤーも注目!
ブーケやスイーツモチーフを多用した華やかな装飾のブースもちらほら
ブーケやスイーツモチーフを多用した華やかな装飾のブースもちらほら
「見せ方」一つとってもブランドのカラーが如実に表れているもの
「見せ方」一つとってもブランドのカラーが如実に表れているもの
コーデの主役になりそうなデコラティブなアイテムも!
コーデの主役になりそうなデコラティブなアイテムも!
装飾に一工夫あるブランドは記憶にも残りやすい
装飾に一工夫あるブランドは記憶にも残りやすい
永遠のヒーロー&ヒロインもこんなキュートなアクセサリーに!
永遠のヒーロー&ヒロインもこんなキュートなアクセサリーに!
エスニックなファッションと好相性
エスニックなファッションと好相性
ナチュラル系の洋服と合わせるのが◎!
ナチュラル系の洋服と合わせるのが◎!
神秘的な雰囲気と明るい色づかいが魅力
神秘的な雰囲気と明るい色づかいが魅力
特別な日の装いにもぴったりな「消えるタトゥー」
特別な日の装いにもぴったりな「消えるタトゥー」
得にはゴージャスな真珠ネックレスを普段使いするのもいい
得にはゴージャスな真珠ネックレスを普段使いするのもいい
アロマとアクセサリーの組み合わせを追求した、画期的なアイテムも登場
アロマとアクセサリーの組み合わせを追求した、画期的なアイテムも登場
収納するかわりにこんな風に「見せる」のも手
収納するかわりにこんな風に「見せる」のも手
気にいった色を大人買いするのもアリ
気にいった色を大人買いするのもアリ
指先に繊細な光を集めてくれるリングたち
指先に繊細な光を集めてくれるリングたち
セミナー会場は毎回満席
セミナー会場は毎回満席
エストネーション商品部バイヤー・吉田育世さん
エストネーション商品部バイヤー・吉田育世さん
INFASパブリケーションズ「WWDジャパン」「WWDビューティ」編集長・都築千佳さん
INFASパブリケーションズ「WWDジャパン」「WWDビューティ」編集長・都築千佳さん
「一生もの」を見つけるのにもよい機会!?
「一生もの」を見つけるのにもよい機会!?
ブースも豪華な同時開催の第26回国際宝飾展
ブースも豪華な同時開催の第26回国際宝飾展

東京ビッグサイトにて、ガールズ世代の宝飾品における最新トレンドを発信する「第3回ガールズジュエリー東京」が開催中。会期は1月21日から24日まで。「第26回国際宝飾展」と合わせての開催となり、同会場で、テイストの異なる展示をいちどきに楽しむことが可能だ。

主催者によると、「ガールズ」は二つの意味を有す。一つは、20代から30代までを中心とする若い世代。そしてもう一つは、「ガールズマインド」の「ガールズ」。すなわち、「遊び心・オシャレ心を大切にしていて、ファッション性が高い」ことを示す。これら両方の意味を兼ね備えた、「ガールズジュエリー」と呼ぶに相応しい宝飾品の条件は「ジュエリーよりライトで、アクセサリーよりリッチ」であること。

会場には、価格帯を抑えつつも、高いデザイン性にこだわったアイテムが多数そろい、来場者を虜にする。無論、テイストや素材はバラエティ豊かで、石の質感を最大限に活かしたシンプルなものから、高いデザイン性と同時に着け心地を追求した「耳たぶが痛くなりにくいイヤーアクセサリー」まで、各ブランドの個性が際立つアイテムがお目見え。さらに、近年、百貨店等でも人気が高い、イヤーフックやイヤークリップもとりどりにそろう。

価格は、リーゾナブルなものであれば1万円以下、天然石を使用した高価なものでも10万円前後と、20代女性でも購入を検討することが可能。店頭で作り手から直接話を聞くことが出来るのもメリットだ。

また、会場の一角に設えられた講習会会場では、22日と23日の2日間にわたって、百貨店バイヤーやファッション誌編集長によるセミナーが開催される。

22日午前中に登壇したのは、エストネーション商品部バイヤー・吉田育世ならびにINFASパブリケーションズ「WWDジャパン」編集長兼「WWDビューティ」編集長・都築千佳。それぞれ、「2015年春夏のジュエリー・アクセサリートレンド」「ファッショントレンドの中のジュエリー&アクセサリー流行の変化」をテーマに、スライドを駆使しながらレクチャーを行った。

吉田さんによると、2015年春夏は「70年代」「ボヘミアン」がキーワードとなるアイテムがボリュームゾーンとなり、「ジプシー」「フォークロア」のエッセンスが盛り込まれたものが多数登場するという。これに伴い、紐の長さを調整できるボヘミアン調ネックレスなどのアクセサリーの人気も高まる見込み。また、ピアスホールが空いていない女性向けのイヤーアクセサリーも引き続き注目度が高く、イヤークリップ、イヤーフックの需要も高まっていくという。

23日には、三越伊勢丹婦人雑貨統括部婦人雑貨第二商品部装身具バイヤー、阪急阪神百貨店婦人服飾品商品統括部アクセサリー商品部長が登場予定。「20代・30代の新規顧客獲得のためのMD戦略」「20代30代”女子”顧客にむけてのモノ・コト提案」をテーマとしたセミナーを聞くことが出来る。

さらに、22日夜には、同会場にて「第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞者の表彰式も開催。世代別受賞者は、10代=橋本環奈、20代=桐谷美玲、30代=深田恭子、40代=宮沢りえ、50代=片平なぎさ、60代=伊藤蘭。また、男性受賞者には哀川翔、特別賞には、男性=高橋大輔、女性=May J.が選出されている。

「ガールズジュエリー東京」の出展ブランドは、京都清水坂ガラス館、GLAM、エムクラフト、アトリエ・オドー、HAINBANG、プチボワンなど。会期中の開催時間は10時から18時だが、最終日24日のみ17時の閉場となる。

《松本玲子》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告