広告

『悼む人』高良健吾、 石田ゆり子とのラブシーンは「パッション」

高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
2015年1月27日(火) 23時00分 提供元: cinemacafe.net
高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
折鶴を折る、高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
折鶴を折る、高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
高良健吾/『悼む人』完成報告会見
高良健吾/『悼む人』完成報告会見
石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
貫地谷しほり/『悼む人』完成報告会見
貫地谷しほり/『悼む人』完成報告会見
椎名桔平/『悼む人』完成報告会見
椎名桔平/『悼む人』完成報告会見
大竹しのぶ/『悼む人』完成報告会見
大竹しのぶ/『悼む人』完成報告会見
高良健吾/『悼む人』完成報告会見
高良健吾/『悼む人』完成報告会見
高良健吾&石田ゆり子&貫地谷しほり&椎名桔平&大竹しのぶ&堤幸彦(監督)/『悼む人』完成報告会見
高良健吾&石田ゆり子&貫地谷しほり&椎名桔平&大竹しのぶ&堤幸彦(監督)/『悼む人』完成報告会見
高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
高良健吾&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見
&石田ゆり子/『悼む人』完成報告会見

俳優の高良健吾が1月26日(月)、主演作『悼む人』の完成報告会見に共演する石田ゆり子とともに出席。クライマックスで2人が披露するラブシーンについて「パッションです」と語ると、石田さんは「私が言ったコメント、取られた(笑)」と苦情(!?)を入れた。

第140回直木賞を受賞した天童荒太のベストセラー小説を映画化。日本各地を旅し、名も知らぬ死者に追悼の祈りを捧げる青年・静人(高良さん)の放浪と、彼を取り巻く人々のドラマを通して、生や死、罪と赦しを問いかける。「“悼む”という行為は、生きているからこそできること」と高良さん。俳優デビュー10周年を迎え、「正解が分からぬまま、現場にしがみついた。僕にとっては特別な作品」と誇らしげに胸を張った。

一方、石田さんはかつて夫を殺してしまい、主人公の旅路に寄り添う女性を演じ、「とても重く難しい役柄なので、自分を捨てて集中することでしか演じられなかった。高良さんと同じで、私にとっても宝物のような映画」。共演した感想を聞かれると「消えそうな儚さがある、まるで少女のような方」(高良さん)、「本当に清らかで、キラキラした空気が出ている」(石田さん)と話していた。

都内で行われた会見には高良さんと石田さんに加えて、共演する貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶ、堤幸彦監督が出席し、「熱意のこもった現場」(貫地谷さん)、「初めての堤組はいい緊張感に包まれながら、自由にいられた」(大竹さん)。本作が2月14日(土)のバレンタインデーに公開されるため、椎名さんは「ぜひチョコレートに映画のチケットを添えて、大切な人と観てほしい」とアピールしていた。

「かれこれ40本近く映画を作ってきたが、初心に帰ったデビュー作のような存在。すでに完成はしたが、深い内容でもっともっと追究できる。もちろん、皆さんの演技も素晴らしかった」と語るのは、かつて本作の舞台版でも演出を手がけた堤監督。会見では平和への願いを込めて、キャスト陣が折鶴に挑戦していた。

『悼む人』は2月14日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告