【シネマモード】勇者の“素顔”が見えてくる…『ディオールと私』

『ディオールと私』 (C)CIM Productions
2015年3月26日(木) 20時00分 提供元: cinemacafe.net
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions
『ディオールと私』 (C)CIM Productions

世界的な大成功を収めた人々を見ていると、彼らはとても運が良く、恵まれた人々だという印象を勝手に持ってしまいがちです。まるで、彼らが特別な強運の持ち主で、成功への階段を一気に駆け上がったように思ってしまうもの。ところが、彼らの素顔を知れば知るほど、実はそうではないことがわかってきます。成功の裏には、すさまじい努力やこだわりが。とても耐えられそうにないプレッシャーにも立ち向かってきた、“勇者”という表現がぴったりな人がほとんどです。

成功者たちの人生や素顔を紹介するドキュメンタリーを良く観るのですが、特に興味を惹かれるのが、自分の才能ひとつで成功を手にした人々。だから、映画『ディオールと私』は、個人的にも大好き。知名度も低く、オートクチュール界での経験も無い若きデザイナー、ラフ・シモンズが「ディオール(Dior)」という伝統と歴史を持った老舗中の老舗メゾンのアーティスティック・ディレクターに就任してから、初コレクション発表までを追った作品です。

今でこそラフは注目の存在ですが、2012年の就任発表の際のファッション業界の驚きは、相当なものでした。しかも、コレクション準備期間はたいてい5~6か月だというのに、彼に与えられた時間はわずか8週間。ここから、メゾンを支えるお針子たちやスタッフと気持ちをひとつに、秋冬オートクチュールコレクションを成功へと導けるのか。もちろん、今のラフの活躍を見れば、結果は明らか。でもそこに至るまでの緊張感は、こちらまで胃が痛くなってしまいそうなほど。そこを、スタッフたちを納得させるだけのカリスマ性と、その土台となる情熱、ひらめきを生むこだわりゆえに超えていく。クリエーターには才能は不可欠なのでしょうが、むしろ才能よりも、自分を貫く強さと情熱の方が必要なのではないかと思うのです。

例えば、彼がどうしてもコレクションに使いたいとこだわった“アンプリメ・シェンヌ”という織物。これは、布にプリントを施すのではなく、織る前の糸に色をつけるという1940~1960年代の織り方だそうです。ラフは、これを使って米国の抽象画家スターリング・ルビーの絵画を服の上で再現しようとするのですが、アートを再現する難しさと、それを服の上で行うという難題に、メゾンのファブリック・コーディネーターらは大わらわ。でも、そこで「あ、大変ならいいです」とは言わないのがプロ。そして、困難に見舞われてもスタッフに「無理です」と言わせず、この人のために何とかしたいと思わせるのもプロ。そして、仲間から最大の効果を引き出し、どんな苦労も、「ああ、素晴らしいありがとう」という言葉と満面の笑顔で帳消しにしてしまうものプロなのです。

スタッフたちが、無理難題を提示されながらも“あの人のためなら”と頑張るのは、やはりラフに対する敬意があるから。もちろん、ラフからの敬意も不可欠。スタッフも駆けつけたコレクション当日の舞台裏の様子には、それがはっきりと分かります。ひとつの大きなものを、一緒に作り上げていると思えばこそ、“やらされている感”など生まれないのです。

物書きの端くれとしては、不労所得、つまり“泉のように湧いてくる印税”に憧れる気持ちもありますが、ほとんどの成功者たちは、不労はおろか、人の何倍も努力をしています。驚くほどの成功を手にするためには、不可能と思われることにもまず挑戦する。きっと、挑戦を恐れて避けてしまう人々より、何倍も傷ついた経験があるはずなのです。たいてい、成功者は人生を左右するような失敗を経験し、苦い思いを乗り越えつつ、胸に抱いて成功を手にしています。映画には特に描かれていませんが、スター性たっぷりなのに表に出るのを嫌うラフからは、彼が自信満々のオレ様ではないことが分かります。

本作では、産みの苦しみの最中もカメラが回り、悩む天才の姿も存分に映し出されていて、ここまでよく許したものだと思うほど。天才、カリスマ性だけを打ち出したいなら、きっとここまでさらけ出せないはず。イメージを大切にするファッション業界のカリスマが、ベールを脱いで素顔になった。そんな表現がぴったりの業界裏話ドキュメンタリー。ファッション、デザインのみならず、人間に興味があるすべての方におすすめしたい作品です。

《text:June Makiguchi》

関連記事