広告

エールフランスのファーストクラスラウンジに潜入。空港で五つ星ホテルのおもてなし

シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
2015年5月3日(日) 15時00分 提供元: Fashion Headline
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
広さ約1,000平方メートルというゆったりした空間
広さ約1,000平方メートルというゆったりした空間
アラン・デュカスが料理を監修する
アラン・デュカスが料理を監修する
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
バースペース
バースペース
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
シャルルドゴール空港のエールフランスファーストクラスラウンジ「ラ・プルミエール」
ラウンジエントランスにはアート作品が置かれる
ラウンジエントランスにはアート作品が置かれる
人気のエステティックサロン。ビオロジック・ルシェルシュのエステティシャンが常駐する
人気のエステティックサロン。ビオロジック・ルシェルシュのエステティシャンが常駐する
美しく仕切られる仮眠スペース
美しく仕切られる仮眠スペース
空港に着くと通されるファーストクラスエントランス
空港に着くと通されるファーストクラスエントランス
高級ホテルのようなトイレ
高級ホテルのようなトイレ
2014年ベストファーストクラスラウンジに輝いた
2014年ベストファーストクラスラウンジに輝いた
登場の際は専用自動車で送られる
登場の際は専用自動車で送られる

エールフランスのファーストクラス「ラ・プルミエール」の旅は、ファーストクラス利用者1人ひとりの好みや要望に応えるために、臨機応変でシームレス、ストレスフリーの快適性に重きを置いたサービスが用意されている。

空港には特別な研修を受けた総勢100名に及ぶスタッフが常にスタンバイし、空港に到着すると荷物を運ぶポーターと利用者専任のお客様係の出迎えを受け、専用のチェックインラウンジから特別レーンでファーストクラス専用の「ラ・プルミエール」ラウンジへエスコートされる。

ラウンジへ到着すると、出国手続き・免税手続きなどを係りの者がやってくれる。その間利用者は、ウエルカム・ドリンクのサービスを受けながら5分ほどで終わる手続を待つ。なるべく待たないように 最大の配慮を払われるのは言うまでもない。エントランスコーナーには、お客様係りへの感謝の言葉やラウンジの感想などが記された芳名録が置かれ、利用者同士のコミュニケーションにも役立っているという。

また「マルチカルチャー・サービス」と呼ばれる、日本、韓国、中国、インド、南米、中近東の6ヶ国語のコミュニケーションが取れるスタッフが利用者をアシストして、出国の際の様々な事務手続きなどもスムーズに執り行われる。

「ラ・プルミエール」専用ラウンジは1,000平方メートルというゆったりした快適な空間だ。まず目に入るのがアラン・デュカスが監修するお料理のコーナー。ここでは、朝食、昼食、夕食が時間ごとにビュッフェーコーナーに用意されている。また、旬の素材を生かしたアラン・デュカスのフランス料理のアラカルトメニューも用意され、その場でオーダーすることも可能。事前にアレルギーのある食材を避けることや調理法などのリクエストがあればいつでも要望に応える準備がある。また、用いられる食器にはエールフランスのアイコン「ヒッポカンポス(海馬)」がデザインされている。

その他、ワーキングスペース、新聞、雑誌、書籍(これらも事前の要望があれば、特別なものを用意)がそろう図書コーナー、長椅子の置かれたリラックスコーナー、シャワールームがある。

中でも人気は、ジェットラグや旅の疲れを癒やしてくれる、パリとニューヨークを拠点とする高級エステティックサロン、ビオロジック・ルシェルシュのエステティシャンが常駐するスパコーナー。選び抜かれた自然の成分をたっぷり使用したケア製品を使った30分から2時間のコースは、ハンドマッサージからフェイシャルのスキンケア、全身ボディケアまで多くの選択肢を提案している。ファーストクラス利用者の75%が男性ということもあり、女性のみならず、多くの男性にも愛用されている。30分の無料コースと有料となるが1時間コースが人気という。

出発前やトランジットの合間にこのラウンジで、しばしリラックスした後、いよいよ搭乗となる。ラウンジ内にあるエスカレーターで地上に降りると、専用車が待機しラウンジ到着時に担当となったスタッフが運転して搭乗機まで案内してくれる。到着の場合も、同じように専用車が迎えてくれるシステムだ。

更に、空港を離れた後にも、パリ市内の美術館や高級ブランドが運営する博物館へ案内するサービスもある。長年ファーストクラスを担当したベテランの顧客係り6名が顧客に対応するシステムで、美術館のスタッフに館内の案内をしてもらう手配や有名レストランの予約、会食のコーディネイトなど、提携しているパレスホテルの宿泊など、コンシェルジュに匹敵するサービスを提供する部署も整えられている。

エールフランス航空は、昨年の夏、全航空会社のファーストクラスのサービスNo.1に輝き、ラウンジ・レストラン部門でも受賞している。エールフランスのファーストクラス、「ラ・プルミエール」の細心かつクオリティーの高いサービスは、国内に数々のパレスホテルを有するフランスのおもてなし文化の一部といっても過言ではない。

《Yuri Yokoi》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告