GWはアートで感性を満たす。エルメスのシンプルなかたち展、グッチ×スプツニ子、京都PARASOPHIAなど

「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 大巻伸嗣《リミナル・エアー スペース―タイム》2015
2015年5月4日(月) 17時00分 提供元: Fashion Headline
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 大巻伸嗣《リミナル・エアー スペース―タイム》2015
「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 大巻伸嗣《リミナル・エアー スペース―タイム》2015
スプツニ子!による「Transflora - エイミの光るシルク」展
スプツニ子!による「Transflora - エイミの光るシルク」展
写真家の荒木経惟
写真家の荒木経惟
蔡國強「農民ダ・ヴィンチ」 2013 サンパウロ、ブラジル銀行文化センター屋外での展示風景Photo by Joana Franca
蔡國強「農民ダ・ヴィンチ」 2013 サンパウロ、ブラジル銀行文化センター屋外での展示風景Photo by Joana Franca
「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 スザンナ・フリッチャー《息》
「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 スザンナ・フリッチャー《息》
「ヨシダ キミコ/All that’s not me --私じゃないわたし」は行われている花洛庵野口家住宅
「ヨシダ キミコ/All that’s not me --私じゃないわたし」は行われている花洛庵野口家住宅

連休を利用して見るべき美術展・展覧会をご紹介。

まずおすすめしたいのは、六本木の森美術館のリニューアル・オープンを記念して開催されている「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」。これは、パリのポンピドゥー・センター分館「ポンピドゥー・センター・メス」が「エルメス財団」とコラボレーションして昨年開催されたものが、日本展として巡回しているものだ。侘び茶の精神を示す長次郎の黒樂茶碗をはじめ、出品作品約130点の内、30から40%が日本だけの限定作品として組み直され、シンプルな形態の美に再度着目した見応えのある展覧会となっている。

グッチ(GUCCI)新宿店では、映像や音楽、写真、パフォーマンス作品などを発表し、「VOGUE JAPAN ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞したことでも知られる現代美術家のスプツニ子!と共に、「Tranceflora - エイミの光るシルク」展を開催中。そんなスプツニ子!は、花や昆虫をモチーフにしたグッチの不朽のアイコン「フローラ」に着目し、「バラの香りのするシルク」を生物研と共同構想。また、約3,000個の光る遺伝子組換え繭で空間をデザインし、シューズデザイナーの串野真也が手掛けた「エイミの光るドレス」なども展示されている。

ショッピングの合間に楽しむなら、表参道ヒルズの多目的ホール「スペース オー」では、荒木経惟の写真展「男 ーアラーキーの裸ノ顔ー」はいかが。これは、月刊文芸誌『ダ・ヴィンチ』の創刊20周年企画の一環として行われたもの。巻頭連載企画「アラーキーの裸ノ顔」に掲載された作品の中から、浅野忠信、堺雅人、三宅一生、松田龍平らが被写体となった全207点にも及ぶ男達の顔とじっくり向き合うことができる。

その他、西麻布のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催中の、世界的に著名なロンドン出身の写真家テリー・オニールの写真展「テリー・オニール:華麗なる50年の奇跡」も併せてチェックしておきたい。1960年代、音楽や映画、ファッション界の新しいアイコンを見つけては写真を撮り、激動する60年代をフィルムに収め続けてきた、テリー・オニール。本展では、彼の約50年に渡る長いキャリアの中から、ブリジット・バルドー、オードリー・ヘップバーン、ザ・ビートルズ、デビッド・ボウイら著名人の貴重な写真約30点が展示される。

最後に、京都に足をのばす際に訪れて欲しいのは、京都では史上最大規模となる国際的な現代アート展覧会「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」。これは、世界の一線級で活躍する36組38名の作家による作品が市内で一斉に展示されるもの。メイン会場となる京都市美術館では、ニューヨークを拠点に彫刻やドローイングなどを作品の変化を通じて制作過程も含めて発表しているブラント・ジュンソーの作品など、総勢31組の作品を展示。また、もう一つの主会場となる京都府京都文化博物館の他、京都芸術センター、大垣書店烏丸三条店など8つの会場が舞台となる。

同時に開催されているのが今回が3回目の開催となる「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。今回は京都の町屋や歴史的建築物など15ヶ所の会場で計9カ国14組の作家が参加。中でもグッチのサポートで日本初の作品展が実現したヨシダキミコ(会場:花洛庵 野口家住宅)や誉田屋源兵衛 黒蔵で開催されているフランスの写真家マルク リブーの「Alaska presented byシャネル・ネクサス・ホール)」ほかにも無名舎、有斐斎 弘道館など普段公開されていない会場での展示は要チェック。

今年のゴールデンウィークは、忙しい日常から抜け出し、芸術に触れ心を潤してみてはいかがだろう。

<この記事で紹介した展覧会一覧>

■「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階

■「Tranceflora - エイミの光るシルク」展
会場:グッチ新宿 3階
住所:東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル

■「男 ーアラーキーの裸ノ顔ー」
会場:スペース オー
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ地下3階

■テリー・オニール : 華麗なる50年の軌跡
会場:インスタイル・フォトグラフィー・センター
住所:東京都港区西麻布5-2-9 インスタイル南麻布ビルディングB1F

■「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」
会場:京都市美術館、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地(上長者町棟)、鴨川デルタ(出町柳)、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店

■「KYOTO GRAPHIE 京都国際写真祭」
会場:虎屋京都ギャラリー、コム デ ギャルソン京都店、誉田屋源兵衛 黒蔵、堀川御池ギャラリー、嶋臺ギャラリー、両足院建仁寺、京都市役所前広場、有斐斎 弘道館、他

《辻岡智子》

関連記事