外国人観光客が好きな“日本の手みやげ”は?新宿伊勢丹で紹介中

(右手前)「アンファン」の和食アイシングクッキー(寿司、天ぷらそば箸セット)、(左奥)「セゾンファクトリー」のコンフィチュール抹茶、(中央奥)「八幡屋礒五郎」の七味など
2015年5月5日(火) 22時00分 提供元: Fashion Headline
(右手前)「アンファン」の和食アイシングクッキー(寿司、天ぷらそば箸セット)、(左奥)「セゾンファクトリー」のコンフィチュール抹茶、(中央奥)「八幡屋礒五郎」の七味など
(右手前)「アンファン」の和食アイシングクッキー(寿司、天ぷらそば箸セット)、(左奥)「セゾンファクトリー」のコンフィチュール抹茶、(中央奥)「八幡屋礒五郎」の七味など
「にしきや」のレトルト食品
「にしきや」のレトルト食品
「にしきや」のレトルト食品。(手前)冷製ふかうら雪人参ポタージュ
「にしきや」のレトルト食品。(手前)冷製ふかうら雪人参ポタージュ
「にしきや」のレトルトカレー
「にしきや」のレトルトカレー
「にしきや」のレトルト食品(クッパ)
「にしきや」のレトルト食品(クッパ)

国内では訪日外国人旅行者数が昨年末で1,300万人を超え、インバウンド需要も拡大。伊勢丹新宿店では、そんな外国人観光客が注目する“日本の手みやげ”を紹介している。

先ず、同店がその需要から展開しているのは、“レトルト食品”。地下食品フロアには、レトルト専門店「にしきや」の化学調味料不使用の商品が並ぶ。特に、“日本のカレー”人気は海外でも確固たるものらしく、トマトビーフカレー(180g/392円)、ゆずキーマカレー、ジンジャーポークカレー(180g/356円)、こどもカレー(120g/250円)が人気だという。

このほか、濃厚な牛骨スープで牛スネ肉と大根を煮込んだコムタンクッパ(180g/437円)や、牛肉と5種類の野菜が入ったユッケジャンクッパ(180g/437円)など、韓国料理のレトルトも紹介。また、フルーティーな甘さの青森県産ふかうら雪人参と、濃厚な味わいの北海道産コーンが入り、砂糖を加えず素材の味わいを活かして仕立てた冷製ポタージュのレトルトも展開している。

菓子専門店「アンファン(Enfant)」からは、寿司や天ぷらそばなど、海外にも良く知られている和食のモチーフをアイシングクッキーに仕立てた、和食アイシングクッキー(寿司1枚/2,000円、天ぷらそば箸セット2枚/2,000円)も発売されている。

「セゾンファクトリー(SAISON FACTORY)」からは、和菓子や洋菓子のフレーバーとして、日本独特のテーストを醸し出す“抹茶”が、欧米人に親しみやすいコンフィチュール(155g/1,500円)に仕立てられて登場。パンはもちろん、アイスや白玉、餡と合わせたり、ミルクに溶かして飲み物としても楽しめるという。

最後に紹介するのは、日本のミックススパイスとして、海外でも知名度が高くなりつつある“七味”。「八幡屋礒五郎」からは、辛みを出すための唐辛子、辛みと香りを併せ持つ山椒、生姜、風味と香り豊かな麻種、胡麻、陳皮、紫蘇など7種類がブレンドされた七味(344円)がその海外需要に応えている。

同店地下食品フロアで発行されている無料の小冊子『ISETAN for FOODIE』(5月号)では、上述した“手軽な日本の食みやげ”の紹介のほかにも、海外から見た“日本の郷土料理や抹茶の魅力”についても紹介している。

《編集部》

関連記事