世界農業遺産、9割以上が“知らない”…ライフメディア リサーチバンク調べ

あなたが野菜や果物を購入するとき、どのようなことを重視していますか?
2015年5月7日(木) 16時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
あなたが野菜や果物を購入するとき、どのようなことを重視していますか?
あなたが野菜や果物を購入するとき、どのようなことを重視していますか?
あなたは農作業の体験をしてみたいと思いますか?
あなたは農作業の体験をしてみたいと思いますか?
現在、どのような農作業体験をしていますか?
現在、どのような農作業体験をしていますか?
今後(も)行いたい農作業体験を教えてください
今後(も)行いたい農作業体験を教えてください
あなたは、日本がTPPに参加することにより、農業や食の安全に対してメリットとデメリット、どちらが大きいと考えますか?
あなたは、日本がTPPに参加することにより、農業や食の安全に対してメリットとデメリット、どちらが大きいと考えますか?
あなたは、世界農業遺産を知っていましたか?
あなたは、世界農業遺産を知っていましたか?
世界農業遺産に認定されている地域で知っているものを教えてください
世界農業遺産に認定されている地域で知っているものを教えてください

 ライフメディアのリサーチバンクは、4月2日~4月8日にかけて、20代~50代の全国男女を対象に、「農業に関する調査」を行い、1,200件の有効回答を得た。

 野菜や果物を購入する際に重視することを聞いたところ、男性は「価格が安いこと」、女性は「新鮮であること」が上位となった。

 農作業体験をしてみたいか聞いたところ、「体験したい・体験している」と答えたのは42%で、4割以上が農作業に対して関心がある結果となった。農作業を「体験したい・体験している」と答えた人に、現在どのような農作業をしているか聞いたところ、半数以上が「現在は特にしていない」という結果となり、関心はあるが何もしていない人が大半のようだ。今後行いたい農作業体験について聞いたところ、「自宅での家庭菜園」が69%で最も多かった。

 TPPへの参加により、農業や食の安全に対してメリット・デメリットどちらが多いと考えるか聞いたところ、男性は「メリット、デメリット同じくらい」と思う人が多かったが、女性は「わからない」と思う人が多かった。

 世界農業遺産を知っているか聞いたところ、「知っていた」人は5%程度だった。世界農業遺産を「知っていた・聞いたことがある」人に、認定された地域で知っているものを聞いたところ、「トキと共生する佐渡の里山(新潟県)」が最も多かった。34%は「知っているものはない」と回答し、世界農業遺産だけでなく、認定された地域への認知度も低いことがわかった。

《浦和 武蔵》

関連記事