“花々は女性の次に美しい”--現代に受け継がれる、ムッシュ・ディオールの植物への深い愛

『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』とはクリスチャン・ディオールが残した言葉
2015年5月7日(木) 17時00分 提供元: Fashion Headline
『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』とはクリスチャン・ディオールが残した言葉
『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』とはクリスチャン・ディオールが残した言葉
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
鮮やかな花々が刺しゅうされた15SSのドレス
鮮やかな花々が刺しゅうされた15SSのドレス
至る所に花が飾られ華やかな雰囲気の店内
至る所に花が飾られ華やかな雰囲気の店内
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
ヨラメ(Yorame)デザインのフラワーアートを組み合わせたビデオアートウォール
Dior 表参道ブティック店内
Dior 表参道ブティック店内
Dior 表参道ブティック
Dior 表参道ブティック
店内には美しい花が飾られている
店内には美しい花が飾られている
ヨラメ(Yorame)の手によってコンテンポラリーに表現されている、メゾンコード「フラワー」
ヨラメ(Yorame)の手によってコンテンポラリーに表現されている、メゾンコード「フラワー」
Dior 表参道ブティック
Dior 表参道ブティック
ブティックの2階にあるパフュームコーナー
ブティックの2階にあるパフュームコーナー
パフュームコーナーではメゾンの調香師フランソワ・ドゥマシー氏が手がけた”ラ コレクション プリヴェ”が揃う
パフュームコーナーではメゾンの調香師フランソワ・ドゥマシー氏が手がけた”ラ コレクション プリヴェ”が揃う

今も昔も、数多のデザイナーが好むフラワーモチーフ。しかし、ムッシュ・ディオールほど深く花を愛し、これほど見事に美しく花々を取り入れたデザイナーは他に例をみない。彼にとって花々は、この世で女性の次に美しい絶え間ないインスピレーションの源だった。

『花々は神がこの世に与えた、女性の次にもっとも美しいものである』-クリスチャン・ディオール

 ムッシュ・ディオールと花の出会いを紐解いてみると、幼少期にまで遡る。グランヴィルの生家には草花の溢れる美しい庭園があり、植物への愛情は自然と育まれていった。自ら植物の標本集をつくり、芳しいバラの庭園で何時間も過ごした経験は、後にデザイナーになった彼のクリエーションにおけるあらゆる原点となる。時に、そのノスタルジックな思い出は一輪のスズランに託され、ファッションショーでは幸運を招くラッキーチャームとして必ず彼のボタンホールに飾られていた。

『私はここグランヴィルにて、最も甘美で、感嘆に満ちた想い出を過ごしました。それどころか、私の人生、私のスタイルのほとんど全てを、その境遇と建物から影響をうけています』-クリスチャン・ディオール

『花のような女性たち、ファム フルール』

花々は、ムッシュ・ディオールのクリエーションに次々と彩りを加えていった。素材として、アイテムとして、カラーとして、シルエットとして、そして香りとして。彼の代名詞ともいうべき"ファム フルール(=花のような女性たち)"では、シルエットに花を取り込み、柔らかな肩、花開いたような胸元、蔓植物のようにほっそりとしたウエスト、花冠のように大きなスカートなど、女性の曲線をより美しく描きだした。

 そして、花々がムッシュ・ディオールにとってインスピレーションの泉であり続けたように、彼の志を継ぐデザインナーや調香師にとっても、彼の遺した美しいイマジナリーガーデンは、永遠の原点として今でもメゾンに脈々と受け継がれている。

 そんな美しい花々に出会いに、最新コレクションが並ぶ表参道ブティックのフラワーコードを探しに出かけてみよう。

《Naoyo Madison》

関連記事