広告

松田翔太、“浮気”について熱く持論を展開!

松田翔太/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
2015年5月14日(木) 20時00分 提供元: cinemacafe.net
松田翔太/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
松田翔太/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
堤幸彦監督、松田翔太、前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
堤幸彦監督、松田翔太、前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
堤幸彦監督、松田翔太、前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
堤幸彦監督、松田翔太、前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会
前田敦子/『イニシエーション・ラブ』カップル限定!恋愛相談&試写会

映画『イニシエーション・ラブ』に出演する松田翔太と前田敦子、堤幸彦監督が5月13日(水)、50組100名のカップルを招待して行われた試写会に出席し、恋愛相談を行なった。

乾くるみの人気小説の映画化で、ラストでの大どんでん返しを売りとし、大きな注目を集めている本作。80年代のバブル真っ盛りの時期に、恋に落ちた鈴木とマユ。やがて静岡と東京での遠距離恋愛が始まるが、鈴木は東京で気になる女性ができてしまい…。

遠距離恋愛、2人のタイプの違う女性の間で揺れ動く主人公など、様々な恋愛シチュエーションが描かれる本作は、カップルで見るには楽しくもあり怖くもあり…? この日のイベントでは、観客ひとりひとりが質問ごとにスイッチを押し、その数を集計するトータライザーが用意されており、観客は匿名とはいえ、隣にパートナーがいる状況で本音をさらけ出すことに…。

最初の挨拶代わりの「いまの恋人や夫とは別に気になる人がいる?」という質問に対し、ボタンを押したのは100名中29名(男性14名、女性15名)! 恋人同士で映画の鑑賞に来ていながら、そのうちの3割弱に他に気になる人がいるという現状に前田さんは「悲しいよ~!」と嘆き、松田さんも「すごいですね。多いでしょ! どんな状況か聞きたい」と驚いた様子。

ちなみに松田さんは、映画で演じた鈴木が2人の女性の間で揺れ動くさまについて問われ「どう(ニュースで)書かれるか怖い(苦笑)」「あくまで鈴木に関してです…」と前置きした上で「しょうがないのかな? と思います。当時の恋愛は、いまよりも相手の思いが分からなかったと思う。相手が何をしてるのか、SNSで見ることもできないので、想像で『(いまの相手は)違うのかも…』と少しでも考え始めると膨らんでいっちゃうのかな」と控えめに理解を示す。

前田さんは遠距離恋愛について問われると「最初は楽しいと思うけど、現実的に考えると苦しい。寂しくなっちゃいます!」と素直な乙女心をのぞかせる。堤監督は「80年代でも二股はダメです」と断った上で、当時の遠距離恋愛事情について「公衆電話がキーポイント。1,000円をいかに両替で持っていられるか? 僕は名古屋と東京(間での遠距離恋愛)でしたが、1,000円だと10分くらいしか話せない。毎日は無理だし、電話だとどうしてもディスコミュニケーション(=コミュニケーション不全)が生まれてしまう。でもその分、会ったときに愛が深まります」と自らの経験を踏まえて解説した。

恋愛相談では交際中の恋人と結婚を希望しつつ、相手の気持ちが分からないという女性からの悩みについて、堤監督の「ストレートに(自分をどう思ってるのか? 結婚を考えているのかと)聞くべき!」という意見に対し、前田さんは「自分からは言いたくない! 男性から言ってほしい。だから私は耐えます」と語る。

また「お互いに春から社会人になって、相手の会社にも女性はいるので不安です。会うときにいつもと違うという新鮮さを感じさせたい」という女性の悩みには、松田さんは「それは大事です」と語る一方で「彼に合わせるのではなく、自分で楽しんで」とアドバイスを送った。

そして最後の相談。「彼が浮気をしている気配があるが、どうやって確かめたらいいか?」というヘビー級の悩みに会場は沸き立つ。松田さんは「それとなく確かめたい? 僕は知りたくないです。どうせ別れるときは別れるし、それまで幸せな方がいい。相手が浮気相手と別れることもあり得るし」と相手に確かめずに一緒にいる方がいいという持論を展開。「知ってどうするんですか? 知っても別れたくないなら知らない方がいい。(相手の浮気が)分かったらダメになるなら、いま(浮気の)匂いがしている時点でダメですよ」と続け、さらに「勘ぐったり、(浮気を確かめる)やりとりしたり、『携帯を見た』とか、そういうのがめんどくさい!」とも。松田さんの熱い(?)言葉にカップルたちは興味津々で耳を傾けていたが、当人は「ニュースが不安です」と苦笑を浮かべていた。

『イニシエーション・ラブ』は5月23日(土)より公開。

《text:cinemacafe.net》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告