青空の下でグルメを堪能! 野外フードフェス「まんパク(満腹博覧会)」が6月1日まで開催

「まんパク」の会場内で調理されていた食材
2015年5月24日(日) 17時45分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「まんパク」入場入り口
「まんパク」入場入り口
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「まんパク」の会場内で調理されていた食材
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアで販売されていたコロッケ
「ご当地」エリアで販売されていたコロッケ
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアで調理されていた串焼き
「ご当地」エリアで調理されていた串焼き
「ご当地」エリアの様子
「ご当地」エリアの様子
「まんパクスペシャルブース」の様子
「まんパクスペシャルブース」の様子
「スイーツ」エリアの様子
「スイーツ」エリアの様子
「スイーツ」エリア内の店舗ブースの様子
「スイーツ」エリア内の店舗ブースの様子
「スイーツ」エリアの様子
「スイーツ」エリアの様子
「スイーツ」エリアの様子
「スイーツ」エリアの様子
「からあげ」エリアの様子
「からあげ」エリアの様子
「からあげ」エリアで販売されていたもの
「からあげ」エリアで販売されていたもの
「餃子」エリアの様子
「餃子」エリアの様子
「海鮮」エリアの様子
「海鮮」エリアの様子
「海鮮」エリアで販売されていたもの
「海鮮」エリアで販売されていたもの
「ラーメン」エリアの様子
「ラーメン」エリアの様子
「ラーメン」エリアの様子
「ラーメン」エリアの様子
「まんパクオフィシャルレストラン」の様子
「まんパクオフィシャルレストラン」の様子
「まんパクオフィシャルレストラン」(まんパクサラダ)の店舗ブース内の様子
「まんパクオフィシャルレストラン」(まんパクサラダ)の店舗ブース内の様子
「まんパクオフィシャルレストラン」(まんパクサラダ)の店舗ブース内の様子
「まんパクオフィシャルレストラン」(まんパクサラダ)の店舗ブース内の様子
「世界のビールブース」の様子
「世界のビールブース」の様子
「ワールド」エリアの様子
「ワールド」エリアの様子
「ワールド」エリアの様子
「ワールド」エリアの様子
「たま」エリアの様子
「たま」エリアの様子
「たま」エリアで販売されていたフード類
「たま」エリアで販売されていたフード類
「たま」エリアの様子
「たま」エリアの様子
「物産」エリアの様子
「物産」エリアの様子
「とくしまマルシェ」の様子
「とくしまマルシェ」の様子
「とくしまマルシェ」に出店していた店舗の様子
「とくしまマルシェ」に出店していた店舗の様子
「とくしまマルシェ」に出店していた店舗の様子
「とくしまマルシェ」に出店していた店舗の様子
「まんパク縁日」の様子
「まんパク縁日」の様子
「キッズ」エリアの様子
「キッズ」エリアの様子
「マッサージブース」の様子
「マッサージブース」の様子
5月22日の来場者が選んだ「人気グルメランキング」
5月22日の来場者が選んだ「人気グルメランキング」
「まんパク」会場マップ
「まんパク」会場マップ

 東京都立川市・昭島市の国営昭和記念公園(みどりの文化ゾーン)では、野外フードフェス『まんパク(満腹博覧会)』が6月1日まで開催されている。

 まんパクは、”おいしくて、快適な、あなたにとって最高の「満腹」体験を届けるフードフェス”を目指して行われている催しで、今回、東京で5回目の実施を迎えた。

 会場内には、「ご当地」「海鮮」「餃子」「からあげ」「スイーツ」「ラーメン」「ワールド」「たまエリア」「物産」の9エリアが登場。

 各エリア内には、4~15の飲食店舗があり、各ブース店舗で調理・提供されたメニューは、会場内の飲食・休憩スペースで食べることができる。

 このほか、エア遊具などで遊べる「キッズエリア(有料)」や、「まんパク縁日」「マッサージブース」のほか、アーティストや和太鼓集団、パフォーマーによるライブショーを観覧できる「パフォーマンスステージ」もある。

 なお、イベントは6月1日まで開催され、開場は朝10時半、閉場は21時(最終日の6月1日の閉場は18時)。平日は当日500円(前売400円)、土日は800円(前売700円)の入場料が必要となる。また、当日のみ再入場が可能で、「まんパク&国営昭和記念公園セット券」も販売。平日のセット券は、当日800円(前売700円)、土日のセット券は当日1,100円(前売1,000円)となっている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事