アミノ酸「シトルリン」をモニター調査…95%のランナーが「いつもより楽に走れた」

アミノ酸「シトルリン」をモニター調査…95%のランナーが「いつもより全体的に楽に走れた」
2015年5月28日(木) 16時00分 提供元: CYCLE
アミノ酸「シトルリン」をモニター調査…95%のランナーが「いつもより全体的に楽に走れた」
アミノ酸「シトルリン」をモニター調査…95%のランナーが「いつもより全体的に楽に走れた」

プレワークアウト研究会は、ランニングシーンでの「プレワークアウト」の有効性を検証するため、運動前の摂取でパフォーマンスアップや持久力向上効果が期待できるアミノ酸の一種「シトルリン」のモニター調査を実施した。

対象は、3カ月以上のランニング経験のある20歳以上の男女38名だ。東京・麹町のランナーサポート施設JOGLISでモニター調査を実施。アミノ酸の一種であるシトルリンを15日間毎日摂取し、1回あたり3km以上のランニングを6日以上(15日間中)実施した際の、疲労感やパフォーマンス等に関する体感をアンケート形式で調査した。

シトルリンを摂取する前に比べ、ランニング時にどのような体感が得られたかを調査した結果、38人中36人のランナー(95%)が、シトルリンを摂取する事で「いつもより全体的に楽に走れた」と回答した。

33人が「走った後の疲れが取れやすかった」(87%)、26人が「集中力が維持できた」(69%)、23人が「いつもより早く走れた」(61%)と回答し、多くのランナーがシトルリンの効果を体感していた。

その他にも、シトルリンを摂取してランニングを実施すると、「足が軽く感じた」「呼吸が乱れたり苦しくなりにくかった」「マラソン大会でバテずに完走できた」「マラソン大会で自己ベストを出すことができた」「翌日の足の張りが軽減された」「翌朝に疲れが残らなかった」など、さまざまな効果を体感したという声が多数あった。さらに、ランニングのパフォーマンスアップに向け、約8割のランナーが「今後もシトルリンを摂取したい」と回答している。

普段から高頻度でランニングを実施しているランナーが、シトルリン摂取により高い確率で何らかの効果・違いを体感していることから、シトルリンのランニングシーンでの有効性が示されたと言える。



【やわらかスポーツCYCLE】

《美坂柚木》

関連記事